バンコク スクンビットダイアリー

◆◆  バンコクのいいな!を集めた日記ブログ  ◆◆ お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン、美味しいもの, お出かけ, そしてアロマや自然派グッズのあれこれʕ•ᴥ•ʔ

Street Food@Sukhumvit soi 38

Sponsored Link

バンコクの思い出で欠かせない場所といえば、

まず思い浮かぶのがトンローの屋台街。

 

引っ越してきた当時は、大量の段ボールと格闘したり、

家の中のことばかりにかまけていて、全く外にでませんでした。

ただ、暗くなってからは別。

夫が帰宅して夕食を済ませた後、

お散歩行くー?と私を誘って出かけるのが、

当時美味しい屋台街としてガイドブックにも掲載されていた、ソイ38。

当時住んでいた家からは徒歩圏内の距離で、

お散歩にはちょうど良い場所でした。

 

南国フルーツやクワイティアオ、

塩釜焼きみたいなおサカナ(未だに名称知らない)を売るお店などいろいろ。

 

特にマンゴーは感動の美味しさで、

日本で食べるものよりも濃密な甘さにノックアウトされました。

 

店頭でカットしてくれて、持ち帰った時の写真。

一瞬でなくなっちゃった( ´艸`)

 

 

 

暗闇に浮かび上がる照明も東南アジアっぽくて、

すっごく楽しかったな。。。

 

 

 例になったお散歩は、

夫の帰りが遅い時以外、ほぼ連日行っていたのでは?というくらいの頻度。

 

今思えば、引きこもっている私を心配して

1日一回は外の空気を吸わせようとしてくれたのかな。

 

でもあれほど行っていたのに、

実際に38でご飯を食べたのは2回しかないんです( ´艸`)

 

初めてのクワイティアオを食べたお店も、

甘くて質の良いマンゴーを売っていたお店も、

そして顔面マスクとゴーグルをして魚を焼いていたお兄さんがいるお店も、

 

今はもうありません。

 

38だけでなく各所で屋台の撤去計画が出て、

一つ一つ店舗が閉まって行きました。

 

お散歩の思い出が消えていくようで、寂しかったな。

今も寂しい(◞‸◟)。。。

 

まだ一角はそこそこ賑やかにやっているようですね。

 

たまに通ると、いつもセンチメンタルな気持ちになるmarieです。

 

 

  

 

 

Sponsored Link