バンコク スクンビットダイアリー

◆◆  バンコクのいいな!を集めた日記ブログ  ◆◆ お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン、美味しいもの, お出かけ, そしてアロマや自然派グッズのあれこれʕ•ᴥ•ʔ

シンプルな麺と炒飯@バミーコンセーリー,トンロー

Sponsored Link

軽いランチをしたい時、迷ったらここ!

のパターンが一番多いバミー屋さん。

トンロー駅から徒歩圏内で、ジョーク屋さんの隣にあります。

ポーチャナー55や七星と同じ並びですね。

バンコク在住の方には、すでにお馴染みのお店。

 

毎日食べても飽きないようなシンプルさ、かつ味わいのあるバミーや

カニの身がほろほろ入っているチャーハンがあるお店です。 

一番好きなのは、スープありのバミー(バミーナーム)で

鴨肉やワンタンが入っているタイプ。60バーツだったかな。 

 

 

一度、スープなしのバミー(バミーヘーン)を食べたことがあります。

この時は、オーナーっぽいおじさんに注文を頼んだら、

私の発音が悪かったのか、

スープ有りにしたのに、無しで出て来たので。。。

真逆のものが出てくる、タイの不思議。

 

バミーヘーンは、

うっすらごま油(?)が麺にあえてあり、それはそれでおいしかったです。

その時は、別途お椀にスープがついて来ました。

 

 

 

 

 

 

日本にいると、鴨肉を食べるのはお蕎麦やさんに行った時や

フレンチレストランで鴨のコンフィを頼む時くらい。

1年間で、そう頻繁にはありません。

それに比べてバンコクに来てからは、

かつてないほど日常的に鴨肉を食べるようになりました。

今はこのバミー屋さんを日常使いしているけれど、

日本に帰ったら真っ先に懐かしくなるだろうな。

 

もう一つ、ここでのお気に入りは、チャーハンです。

今までいろんな種類を頼んでみた結果、カニチャーハンが一番好みだと判明。

金華ハムちっくなお肉が入っていたり、色々具沢山のタイプもありますが、

結局シンプルなものに落ち着いています。

これも60バーツ。

今だと日本円で180円くらい。

そう思えないほど、ちゃんと蟹の身がほろほろほろ入っています。

びっくりするのは、このチャーハン、きちんとした中華料理店で出てくるような、あの絶妙な淡い味なんです。

ご飯の硬さも、個人的には理想的な硬さ( ´∀`)

 

あんまり美味しそうに撮れなかったけれど、ご参考まで。

実物はもっとお米がピカピカしています。

 

 

 

夫と食べる時は、それぞれバミーを頼んで、

プラス、チャーハンを2人で分けると丁度いい量です。

 

店内に冷房はありませんが、この一年くらいで改装があり、

より居心地良くなったと思います。 

メニューも日本語&写真付きなので選びやすいため、

旅行者・在住者問わず入りやすいお店ではないでしょうか。 

お店の方も外国人に慣れているようで、

お会計時の金額も英語で言ってくれます。

 

このお店に伺うのはほとんどランチですが、

朝(現在の情報では6:30)から晩までオープンしているので、

たまには飲んだ後の〆のバミーを食べてみるのもいいかもしれません。 

 

 Bamee Kon Sae Lee

Sponsored Link