バンコク スクンビットダイアリー

◆◆  バンコクのいいな!を集めた日記ブログ  ◆◆ お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン、美味しいもの, お出かけ, そしてアロマや自然派グッズのあれこれʕ•ᴥ•ʔ

バンコクでもシーズンイルミネーション、キラキラ@エンポリウム

Sponsored Link

11月も後半に近づくにつれ、

季節を感じられるイルミネーションが灯り始めました。

 

12月のつぶやき。

 

去年、存在感を見せていた

プロンポン・エンポリウムの

ティファニー前にあった大きなツリーは姿が見えません。

その代わりに

エンポリのM階のエントランス付近に

屋根のようにイルミネーションが設置されています。

 

夜になると

繊細でささやかな灯りが。

今のタイ・バンコクの心情に寄り添った

素敵なデコレーションの仕方だと思います。

 

marieが好きなのは、

昼間から夕方にかけての、イルミネーション。

 

 

時間が早いから全く電気は通っていないけれど、

太陽の光で、

キラキラ。

風に揺れて、

チラチラ。

 

シンプルで素朴なものって、

不意打ちみたいに

突然感動させられることがあります。

 

ずーっと見ていると

幼稚園の頃まで遡れそうな

不思議な感覚に。

ビーズや、虹色のビー玉が

世界で一番綺麗なものだと思っていた、しあわせな時間。

 

欲しいものが、

ビーズからダイアモンドに変わったこともあったけれど

私の場合、

しあわせっていうフワフワしたものは

そういうところに長くとどまっていなかった気がする。

 

オトナになって。

 

灯っていない照明の電線を

いつまでも見ているmarieの横で

辛抱強く待っていてくれる誰かがいる(夫だけどね( ´艸`))。

もう何にも要らないから

これでしあわせ、って思う。

 

きっと、子供の頃から本当に欲しかったものは...

膨大な時間をかけて

作っては壊し

壊しては作って、を繰り返して

それでも微動だにしない、何か核のような存在。

抽象的な意味では

鉄とかダイヤモンドだね。

 

もう赤い箱に入ったプレゼントが要らない、

経済的な奥さんだなー ♪( ´θ`)ノ

 

せっかくなので、夜のイルミネーションも

写真メモ。 

 

 

 

 

 

デパートの中も、こんな感じ。

 

 

 おまけ。 

 

Sponsored Link