バンコク スクンビットダイアリー

◆◆  バンコクのいいな!を集めた日記ブログ  ◆◆ お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン、美味しいもの, お出かけ, そしてアロマや自然派グッズのあれこれʕ•ᴥ•ʔ

DEAN&DELUCAのデコレーション@チョンノンシー, バンコク

Sponsored Link

大好きなDEAN&DELUCA。

ジョルジオ・デルーカとジョエル・ディーンが作り上げた、デリカテッセン。

 

品川店だったか、

初めてお店に行った時のことはまだ覚えていて、

外国のレシピ本でしか見たことがないような

すぐにでもパーティが開けそうなデリメニューの数々が

美しい姿勢でキラキラと並んでいました。

 

最初に足を踏み入れたときの感動を、未だに持っているお店の一つ。

当時は、行ったことのないニューヨークに憧れながら

しばしば利用していました。

行きやすい場所に店舗が増えるたびに

キャーキャー喜んでいました( ´艸`)

丸の内エリアは何軒もあるので、

特に使い勝手が良いのが嬉しい。

 

そのうちDEAN&DELUCA以外にも、

デパ地下文化の発展と共に、日本にもどんどん

グラム単位で買えるデリが増えていきました。

世間的に共働きが増加したことも、関係あるのかな。

背景はともかく、

美味しいものが豊富に並んでいるのを見ると

それだけで幸せな気分になっちゃう。

見ているうちに、自分のアイディアも出てきて

お料理作りに意欲が出てくることもしばしば。

 

 

そんなDEAN&DELUCAが

タイの企業に買収されたのは、2014年だったでしょうか。

DEAN&DELUCA イコール ニューヨーク!

だったので、未だに意識はついていけていないところがありますが...

店頭を見る限りは、表立って本来の世界が崩れたということもないのが

救いかな。

 

DEAN&DELUCAが一層華やかになるのが、今の時期。

バンコクの中では、チョンノンシー店が一番好き。

ワインを見るのも楽しいし、

何と言っても、デリのディスプレイの

立体感にワクワクします。

他の店舗よりも広いせいかな。

丸ごと鶏が飾られていたり

チーズの種類も豊富。

 

夕食の帰りに寄ったので
写真メモ。
 

 

 ディスプレイのガラス瓶が欲しい。

中身かわいいけど食べられない。

 

 

 

 

 

 

白いポインセチアでツリー。

 
ジャケ買い、ならぬ
容れ物欲しくてカゴに入れたお菓子。
“高い!”っとギャッʕ⁎̯͡⁎ʔとする夫に、
クリスマスプレゼントはこれにして、と
ねだって買ってもらった(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

ピーチのグミ食べてみたら

細かいお砂糖でけふけふした( ´▽`)
 

 

 

 

 

 

気がついたら

今回はお菓子の写真ばっかり。
 
Sponsored Link