バンコク スクンビットダイアリー

◆◆  バンコクのいいな!を集めた日記ブログ  ◆◆ お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン、美味しいもの, お出かけ, そしてアロマや自然派グッズのあれこれʕ•ᴥ•ʔ

ヤワラート・クラフトビールで乾杯!@Let The Girl Kill

Sponsored Link

ヤワラートのクラフトビール屋さんに行きましょう、ということで夕食後にレストランから移動。

 

たどり着いたのは、縦に伸びるこじんまりしたクラフトビールバー【Let The Girl Kill】。

   FB →  http://www.facebook.com/Let.The.Girl.Kill

 

バンコクの中華街・ヤワラートのバーは、こういうお店の形状が多い気がする。

この日は悪天候にもかかわらず、お客さんが何組も寛いでいました。

 

注文方法 

正面のカウンターで注文し、その場で支払い。

ビールに合いそうな食べ物もありました。

f:id:calamarie:20170830163047j:plain

 

 

大好きなヴァイツエン、ありました🍻

 

f:id:calamarie:20170830163108j:plain

 やっぱりIPAを主力にしているビール屋さんが多いので、濃厚なヴァイツエンに出会えると本気で嬉しい( ´艸`)

 

 

大好きな黒ビールも、ありました🍻

こちらはポーター(UNDER DOG/PORTER)。

f:id:calamarie:20170830163049j:plain

 

他、2種類くらい飲んで見たけれど、どれもタイプの味!

価格が180ー200バーツ中心なのも良心的。

 

3種のビールセットもありました(300バーツ)。

f:id:calamarie:20170830163104j:plain

 

オープンは今年の7月

先月開店とのことでしたが、いい感じに使い込まれた木のテーブルや柔らかい照明のせいか、とても落ち着く店内。

(テストオープンは5月末頃)

f:id:calamarie:20170830163031j:plain

 

新装開店の派手さがないところも、魅力の一つになっているように感じます( ´∀`)

 

このクラフトビールバーの前身は、既に閉店してしまった【Let The Boy Die】。

一風変わった店名は、ゲームオブスローンズからの引用だったそう。

“Kill the boy and let the man be born”

 

フレンドリーなお店の方々

とんがった店名に加え、余計なものがない、シンプルでクールな内装ですが、お店の皆さんはとても親切ʕ•ᴥ•ʔ

 

ここへ伺う途中のこと。

後一歩のところで場所がわからなくなってしまったのでお店に電話したところ、電話口で説明してくれながら、わざわざお店の外まで出て、場所を知らせに来てくれました。

この日はかなりの大雨だったので、その親切ぶりで第一印象はすでに良かったです。

友達同士で運営しているのか、とても良いチームワークでした。

 

肝心のビールも文句なしに好きなタイプばかりで大満足。

TCDCへのお散歩、そして漢方と乾物を仕入れる時以外、ヤワラート周辺にはあまり用事がなかったのですが、今度からもう一つ楽しみが増えました。

 

f:id:calamarie:20170830163043j:plain

 

f:id:calamarie:20170830163034j:plain

 

 

Let the Girl Kill

所在地:747 Charoenkrung Rd., Bangkok, Thailand

十字路からほど近い場所です。

電話:o8o-599-6177

営業時間:火ー日曜 18:00〜深夜

Sponsored Link