バンコク スクンビットダイアリー

◆◆  バンコクのいいな!を集めた日記ブログ  ◆◆ お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン、美味しいもの, お出かけ, そしてアロマや自然派グッズのあれこれʕ•ᴥ•ʔ

ジムトンプソンの家@JIM THOMPSON House Museum, バンコク

Sponsored Link

First Posting : '16-02-06

Updated : '17-10-23

 

ジムトンプソンの家に行った時のこと。

 

◆ジムトンプソンとは

ジムトンプソンとは ーそもそもの人物像ー【Jim Thompson】 - バンコク スクンビットダイアリー

 

ナショナル・スタジアム駅(National Stadium)で降りて、ジムトンプソンの家に向かいます。

カートでの送迎もあるけれど、どうしても片道は歩いてみたかった。

 

大通りからソイに入って、そのまま真っすぐ進みます。

 

それほど遠くない過去の人物、ジム トンプソン。

道の左右にある建物は、当時と変わっているんだろうな。

ジム トンプソンは、何を考えながらこのソイを歩いたのかなーと思ったら、ドキドキしてきた。

 

f:id:calamarie:20170925161139j:plain

 

門をくぐると、ちょっとしたスペース。

タイミングなのか、ヒトはそれほど多くなかったです。

レストラン、売店、母屋と使用人用の家に分かれてた。

 

チケットを買って、日本語ガイドツアーの時間までぶらぶら。

なんだか時間がゆっくり流れはじめた気がする。

f:id:calamarie:20170925161026j:plain

 

こんにちは。

f:id:calamarie:20170925161102j:plain

 

 

こういうのよく見かけるけれど、使用用途わからない。

お香を炊くのかな。

よもぎ蒸ししたい...

f:id:calamarie:20170925161009j:plain

 

 

まだ石の着色が鮮やかだった頃を、想像してみたりする。

f:id:calamarie:20170925161154j:plain

 

これ、傘立てにしたい。

f:id:calamarie:20170925161225j:plain

 

運河沿いの細い通路。

ひんやりとして、静か。

誰もいなくて、時間が止まったような感覚になりました。

f:id:calamarie:20170925161210j:plain

 

ガイドツアーでは、写真撮影禁止の館内へ入りました。

建築様式は、タイの気候にあわせて計算されたスタイル。

そこかしこの仕様に、快適に暮らせるような工夫が詰まっていて、感心することばかり。

参加してよかった。

ギラギラしていない、昔のベンジャロン焼きを見ることも出来た。

なんだか素朴でいい感じ。

 

 

ガイドツアーのあとは、レストランで一休み。

私たちは2階へ。

1階はかなり賑やかだったけれど、こちらはほとんど人がいませんでした。

f:id:calamarie:20170925161117j:plain

 

風に揺れる南国の葉っぱを見ながら、ただただのんびり。

撮った写真を見せ合いっこ。

撮る対象が全く違っていたり、ぴったり同じだったりして面白い。

 

 

売店の上にある、ちょっとしたアートスペース。

詳しい説明書きが見当たらず、作家の意図がわからなくて残念。

でも、意図がわからないことで、先入観なしに見た目の立体感を楽しめた気もする。

 

色んな角度から見るのが面白い作品。

ほんとは下からも見たかったな。

f:id:calamarie:20170925161043j:plain

 

感想

思っていた以上に、散策が楽しかったジムトンプソンの家。

大通りの賑やかさと対照的に、ひっそりした静かな場所でした。

緑と美術品に囲まれた、ちょっとタイムスリップできる異空間。

建築様式や調度品のこと、次回はもう少しお勉強してからまた来てみたいです。

 

JIM THOMPSON House Museum(ジムトンプソンの家)

所在地:6 Soi Kasemsan 2 Rama 1 Rd., Wangmai, Pathumwan Bangkok 10330

最寄駅:BTSナショナルスタジアム駅1番出口

電話:02- 216-7368

開館時間:9時ー18時

✤10月の営業時間は、最新情報のご確認をオススメします。

 

ジム トンプソン・セールメモ

2016年6月、バイテック

2016年6月、バイテックでのセール・購入品メモ

ジムトンプソンファームのまゆ玉フェイススクラブ

Sponsored Link