バンコク スクンビットダイアリー

バンコク暮らしの写真メモ #旅行 #お出かけ #バンコクソイ散歩 #グルメ #タイコスメ , etc.

旅行

1 DAY TRIP, 国内旅行, 海外旅行

2019年4月 パリ・ノートルダム大聖堂の火災

2019年の4月、パリのノートルダム大聖堂が火災に合うという衝撃的な出来事が。 鎮火後に現地を訪れてみたところ、火事の後の独特な匂いがして鳥肌が立ちました。 原因はテロ等ではないようなので、まずは良かったと言えるのでしょうか。

ベトナムの本格ダークチョコレート「MAROU(マルゥ)」は最高のお土産@ホーチミン

ベトナムのチョコレートブランド「MAROU(マルゥ)」。フランス人が手がける、こだわりの高級チョコレートです。ホーチミンのショップには工房キッチンやカフェスペースも。

一泊旅行の救世主「コンタクトレンズケース」の活用法!【コスメハック/トラベルハック】

日帰り旅行や一泊旅行で悩むのが、化粧品の入れ物!液体の持ち込み制限が悩みどころ。コンタクトレンズケースなら、クリーム類がコンパクトに保存できました。サプリやアクセの保管にもおすすめです。

プーケットのアグリコールラム「CHALONG BAY」をバンコクで【モヒートのレシピ有】

タイのプーケット発のラム酒「チャロンベイ(シャロンベイ)」。アグリコール製法で自然の風味が最高のお酒です。オススメはモヒート!

ラクサワリン温泉:源泉見学とプール感覚の温泉でのんびり【タイ・ラノーン旅行】

【タイの温泉町ラノーン旅行】源泉が3箇所あるラクサワリン温泉へ。ちょっとイメージが違ったけれど、森林浴とプール風温泉を楽しみました。#Tinidee Hot Springs #Mamnong Hot Spa

ラノーン観光の移動手段は3つ!【タイ・ラノーン旅行】

温泉とガピが名物のタイの町、ラノーン。市内では、ソンテウとバイク移動がメインです。時間で貸し切る場合はタクシーが便利でした。

ラノーンのカフェ「CHA PAYOM」で地元のコーヒーに出会う【タイ・ラノーン旅行】

【タイの温泉町ラノーン旅行】「CHA PAYOM」で食後のコーヒー。コーヒー豆は、ラノーンのコーヒー農園「Gong Valley」のもの(のはず)。

ラノーンのリーズナブルなタイ料理レストラン「J&T」でガピ料理を味わう【タイ・ラノーン旅行】

【タイの温泉町ラノーン旅行】ラノーンの名物ガピ(エビの発酵ペースト)料理が食べられるレストラン「J&T」。おすすめ料理は確かに美味しかった!ガピ好きさんはぜひ。

タイ「ラノーン」への行き方(飛行機の場合):バンコク→ラノーン空港→ホテル

【タイの温泉町・ラノーンへの旅】 バンコクからラノーンへの行き方(飛行機の場合)、そして空港からホテルまでの交通手段をメモします。

タイの「ラノーン」旅行でやりたい7つのこと【7 Things TODO in Ranong, Thailand】

ミャンマーとの国境も近い、タイ南部の温泉地「ラノーン」。温泉に行って、地元のコーヒーを飲んで、名物のガピを買って、シーフードも堪能し、パヤム島にも行く!と期待でいっぱいの旅。自然と美味しいものに癒された3泊4日の旅行記です。

タイの温泉町「ラノーン」への旅:温泉巡り&パヤム島のビーチでリラックス!

ミャンマーとの国境も近い、タイ南部の温泉地「ラノーン」。温泉に行って、地元のコーヒーを飲んで、名物のガピを買って、シーフードも堪能し、パヤム島にも行く!と期待でいっぱいの旅。自然と美味しいものに癒された3泊4日の旅行記です。

欧米エリア向けのSIMカード:AISの「SIM2Fly」

以前、日本に一時帰国する際に購入した「SIM2Fly」。 AISの同じSIM2Flyシリーズで、アメリカやヨーロッパ向けのバージョンがありました。 ワールドワイドバージョンって言うのかな?15日間で、価格は899バーツ。 入手手順は、冒頭にリンクを貼った記事の内容…

メルヘンちっくなパステルピンクの教会「タンディン教会」@ホーチミン, ベトナム

ベトナム・ホーチミンにあるピンクの「タンディン教会」。クリスマスシーズンのイルミネーションがとてもかわいい!メルヘンチックな世界を体験できました。

【ベトナムでクラフトビール】「HEART of DARKNESS(ハートオブダークネス)」は通いたい名店!@ホーチミン

ベトナム・ホーチミンのクラフトビールやさん「HEART of DARKNESS(ハートオブダークネス)」。豊富なビールの種類に感動!旅行中毎晩通ったお気に入りの一軒です。

「THE DECK(ザ・デッキ)」開放的なホーチミンの川沿いレストランでフュージョンランチ@ベトナム

ベトナム、ホーチミンで訪れたリバーサイドのレストラン「The DECK」。 広々としたエントランスは、開放感たっぷり。ワインセラーも充実!お料理のプレゼンテーションも一工夫あって、面白かったです。

ホテル「インターコンチネンタル・サイゴン」の朝食ブッフェ@ ホーチミン, ベトナム

ベトナム、ホーチミンで宿泊した「インターコンチネンタル・サイゴン」。大満足の朝食ブッフェの様子を、一部だけ写真メモ。フォーもあったよ!

適度な静けさが良い「インターコンチネンタル・サイゴン」@ ホーチミン, ベトナム

ベトナム、ホーチミンで宿泊した「インターコンチネンタル・サイゴン」。ちょっとびっくりしたポイントもありつつ、バスタブがゆったりしていて過ごしやすかったホテルです。

ベトナム産のチョコ「MAROU(マルゥ)」!シングルオリジン6種類の特徴を調査してみた

ベトナムのチョコレートブランド「MAROU(マルゥ)」。カラフルなパッケージが印象的な板チョコです。ワインにもよく合う、美味しいダークチョコです。バレンタインにこういうシンプルなチョコでもいいかな。

【ホーチミン/ベトナム料理レストラン】阿片精製工場跡地に佇む「Citadel SAIGON(シタデルサイゴン)」でシックなディナー@ベトナム

ホーチミンにあるベトナム料理のレストラン「Citadel SAIGON(シタデルサイゴン)」。余裕のあるレイアウトで、ゆったりくつろぐことができました。お酒もお料理も楽しめるレストランなのでおすすめ!

【ホーチミン/ベトナム料理レストラン】大人デートにおすすめ!「HOME FINEST(ホームファイネスト)」@ベトナム

ベトナム、ホーチミンで訪れたベトナム料理レストラン「HOME FINEST(ホームファイネスト)」。 お料理もさることながら、池のある邸宅スタイルが印象に残るレストランでした。サービスもフレンドリーで再訪決定!

ホーチミンの美しすぎるカフェ「RUNAM Bistro(ルナム・ビストロ)」でバインミーとフォーと菊花茶を@ベトナム

ふらっと入った「RUNAM Bistro(ルナム・ビストロ)」。お茶だけでなく、フードも美味しいレストランで思いがけず感激。どこをとってもおしゃれな空間で、居心地良かった!

ベトナムのコーヒーが好き!ホーチミンの「PHUC LONG 」で豆とドリッパーをお土産に

ベトナムといえばやっぱりコーヒー!お茶を買いに寄った「PHUC LONG」にて、コーヒー豆とドリッパーをベトナム土産に購入しました。カフェコーナーもあります。

【ベトナムでクラフトビール】ホーチミンの「WINKING SEAL BEER Co.」でアザラシに乾杯

ベトナムのクラフトビールレストラン「WINKING SEAL BEER Co.」へ足を運んでみました。キャラクターのアザラシが、店内のいたる所でウインクしているのが可愛かった。

ベトナム・ホーチミンの「PHUC LONG -フック ロン-」で蓮花茶(ロータスティ)&茉莉花茶をお土産に

ベトナムの名産品、蓮花茶。ホーチミンで「PHUC LONG」にてお茶を購入しました。種類も豊富で選びやすかったです。お土産にぴったり! お茶の他にコーヒーも販売されています。

映画「インドシナ」の舞台となった「コンチネンタルホテル・サイゴン」@ホーチミン, ベトナム

1880年に開業した4つ星ホテル「コンチネンタルホテル・サイゴン」。カトリーヌ・ドヌーブ主演のフランス映画「インドシナ」や、グレアム・グリーンの小説にも登場するホーチミンのホテルです。

まさにプチパリ!ホーチミン市民劇場(サイゴンオペラハウス)@ベトナム

ホーチミンの歴史ある建築物「ホーチミン市民劇場(サイゴンオペラハウス)」。そこはまさに東洋のプチパリ!照明が落とされた内部の様子を眺めながら、しばし物思いにふけってみた夜でした。

ゴージャスな存在感「マジェスティックホテル・サイゴン」@ホーチミン, ベトナム

ホーチミンの5つ星ホテル「マジェスティックホテル・サイゴン」。外観も内部もゴージャスな風格で圧倒されました。

「ホーチミン人民委員会庁舎」の昼と夜@ベトナム

現在も政府により使用されている建物「ホーチミン人民委員会庁舎」。中に入ることはできませんが、外観だけでも見ごたえ有る景色です。 通称ホーチミン市庁舎、サイゴン市庁舎は、1902年から1908年にかけて、当時のサイゴン市庁舎としてフレンチコロニアル様…

貝殻(シェル)カトラリーとかっさが充実!ホーチミンのお土産屋さん「Sieu Thi Qua Tang/ベトナム・スーべニアマート」

朝の散歩中に見つけたベトナム雑貨のお土産物屋さん「Sieu Thi Qua Tang/ベトナム・スーべニアマート」。 Sieu Thi Qua Tang 住所:153 Dong Khoi Ben Nghe, Q.1 ハンドメイドのカトラリーとカッサがたくさん ベトナム雑貨の中には、オシャレなクラフト系も…

ホーチミンの「ベンタイン市場」で呼び込みの洗礼を受ける@ベトナム

ベトナム・ホーチミン旅行。客引きというのか、呼び込みが激しかったベンタイン市場。値段も安いようには思えなかったのですが、中には目を引く掘り出し物も隠れているのが面白い!

Sponsored Link