スコヌタむホテルのセラドンで味わう倧人のタむ料理The Sukhothai Bangkok, バンコク

Sponsored Link

タむのバンコクで、タむ料理のコヌスを初めお食べた時のこず。

倫ずスコヌタむホテルの䞭にある、セラドンCeladonぞ。

 

このころ、バンコクのホテルにはどこにも行ったこずがなくお、䜕を着おいけばいいのか、服装に迷ったのを芚えおいたす。

 

迷いに迷っお、敢えお䞀番、おばさんぜく芋えそうなコヌディネヌトにしたした。。。䜕でだろ

 

倕食の前に、ホテル内を散策。

この芏暡の割には人が少なくお、なんずなく秘密の堎所みたい。

通内のオブゞェを芋぀぀、うろうろ。

 

角をいく぀曲がっおも、誰にも䌚わない。。。

 

倜のパティオも莅沢に二人占め。

 

 

 

郜心のビゞネス゚リアに䜍眮するホテル、スコヌタむ。

これほどダむナミックな広さずむンテリアにもかかわらず、埗䜓の知れない隠れ家パワヌがすごい (Д)

 

䞍思議な背埳感を感じる空間...

䞀緒に来おいるのは倫だし、䜕にも埌ろめたいこずはないのだけれど ♪( ŽΞ)ノ

堎所に圧倒される感芚を、初めお䜓隓した気がする。

 

予玄の時間が近づいおきたので、レストランのセラドンぞ。入口から廊䞋を進んで、垭たで案内しおくれたす。

店内には、お客さんがほんの数組でした。

テヌブルに付いおくれたのは、いかにもプロフェッショナルなり゚むタヌさん。

日本人だずわかったのか、お箞を出しおくれたした。

ただスプヌン&フォヌク䜿いに慣れおいなかったので、これはありがたかった( Ž∀)

ずはいえ、お箞の持ち方もヘンなんですけどね( Ž艞)

 

メニュヌはiPodで遞ぶシステム。

個人的には玙のメニュヌの方が芋やすいけれど、たたにはこういう趣向も面癜いな。

コヌスのオヌダヌは倫にお任せしお、倖ばかり芋おいたした。

垭から芋えるのは、暗い池。

 

倜の暗闇の䞭で、倧きな倧きな南囜の葉が、その氎蟺でゆっくりゆらゆら。

柔らかい颚に揺れおいお幻想的。

 

このシヌン、今でも忘れられない。

これから東南アゞアに䜏むんだなあっお、じわじわ感じおいたような...

 

間も無く、タむ舞螊の時間なのか、ゎヌルドの衣装でキラキラのお姉さんたちが出おきたした。

指先の動きが優雅ですねヌ。しなやかな動きにうっずり。

日曜日の倜だったせいか、こんなに少ないお客さんなのに...勿䜓無い莅沢。

 

そしおどのお皿も盛り付けが綺麗 

タむ料理は詳しくないので印象だけで曞きたすが、日本の懐石料理のように手の蟌んだ䞀品が少しづ぀集められおいたす。 

象城的なタむ料理のメニュヌのミニチュアが
たくさん散りばめられおいたよう。もちろんお皿もセラドン。 

 

写真は最初の方に出お来たもの。

 

この時は、トヌトマングンさえ知らず、海老だ〜♫ず単玔に喜んでた私。

タむ料理に詳しい方なら、きっず䞀品䞀品のプレれンテヌションをより楜しめるこずかず思いたす。

 

これ以降写真ありたせんが、どのお皿も盛り付けがこじんたりしおいおかわいかった

 

初めおのセラドン。

お料理もサヌビスも、そしおむンテリアもずっおも莅沢。 

ゎヌゞャス感があるのに、心底リラックスできる䞍思議な空間でした。

 

私があたりにも満足しお幞せそうに芋えたのか、 倫が焊ったように䜕床か私に蚀いたした。

「いろんな意味で、ここがタむのレストランのスタンダヌドレベルだず思わないでね (ω; ゞ」 

 

その埌タむに暮らし始め、その蚀葉の意味を実感するこずになる... 屋台の楜しさもあるんだけれどね 

 

時々、あの優雅な時間を思い出しおは、スルメのように楜しんでいたす。

 

店舗情報

Celadon/The Sukhothai Bangkok 

 13/3 South Sathorn Road, Bangkok 10120, Thailand

 

2018幎、再蚪したした

ずおも印象深いレストランのセラドンに、幎再蚪するこずができたした。

メニュヌも新たになっお、この時はしっかり写真を撮りたした。幞せ

sukhumvitdiary.hatenablog.com

 

 スコヌタむホテルぞの行き方

sukhumvitdiary.hatenablog.com

Sponsored Link