タイ🇹🇭バンコク スクンビットダイアリー

𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ TRAVELIVING BLOG いつかのタイ・バンコク暮らし

バンコクから1 DAY TRIP!冬に旬を迎えるタイ最大のひまわり畑@ロップリー&サラブリー

タイでは11月から乾季に入り、1月ごろまで爽やかな気候が続きます。

日本では冬の真っ最中のこの時期、タイではひまわりが最盛期!

タイ語の先生に聞いたところ、タイ語でひまわりは「ドクターンタワン=ドク(花)ターン(食べる)タワン(太陽)」。その名の通り、太陽の方向を向いているひまわり群は圧巻でした!

f:id:calamarie:20170823104526j:plain

バンコクから北へ!ロップリー県とサラブリー県のひまわり畑

バンコクから車で2時間前後、ロッブリー県とサラブリー県にまたがる地域にタイ最大のひまわり畑が広がっています。

一番の名産地だと聞いていたのですが、観光地にありがちな派手な看板や広告はそれほど目にしませんでした。こういうところ、いいな( ´∀`)

この辺りに近づくにつれて、あっという間にひまわりの姿が見えてきました。どこの畑もひまわりでいっぱい!これが看板代わりかな。

f:id:calamarie:20170823113658j:plain

観光客用に開放されている畑がいくつかあり、そのうちの1箇所に早速入ってみました。

この畑の場合、入場料は、一人10THB(約30円)。畑の中には歩道が作られているので、歩きやすかったです。

 

ひまわり畑で深呼吸!

空気もきれいで風も爽やか!思わず両手を広げて深呼吸したくなる景色。

写真撮影用にぴったり!なブランコや、ちょっとしたスポットが設置されていました。

背景には、岩肌が見える、ちょっと風情のある山が。

f:id:calamarie:20170823104533j:plain

 

ひまわりの後ろからも一枚。見事にみんな同じ方向を向いている!

f:id:calamarie:20170823113905j:plain

ひまわり畑でタンブン(喜捨)を経験

畑では、鳥かごに入った鳥を売っていました。

タイにはタンブン(喜捨)という考え方があるのですが、ここでは鳥を大空に放ち、自由にしてあげることでタンブンとなるそうです。

f:id:calamarie:20170823113943j:plain

ひまわり畑のお土産品

出入口付近には出店が並んでいて、生産地ならではのひまわりの種が販売されていました。たっぷり入って30THB(約90円)ほど。

f:id:calamarie:20170823114345j:plain

 

ちょっと珍しいものを見つけました。「果物かな?」と思いきや、近寄って見ると蜂の巣!マンゴー型だね...

 

こちらも蜂の巣。かっこよく言えばコムハニー🐝。大きすぎて、座布団かと思った!

蜂蜜は大好きだけど、こちらはワイルドすぎて購入は見送りました。

f:id:calamarie:20170823114442j:plain

 

観光地らしい、ポップなひまわりグッズも販売されていました。素朴で可愛らしい。

f:id:calamarie:20170823114209j:plain

f:id:calamarie:20170823114448j:plain

 畑の境界線が、なんと大きな南国の葉っぱで仕切られていました。

 

ワンデイトリップとはいえ、こういったほのぼのしたワンシーンを垣間見られるのも旅の思い出かな。降り注ぐ太陽☀️そして周りに広がる緑や、ひまわりのビタミンカラー!

午前中の短い時間とは言え、自然が放つパワーをたくさん体感して、充分にパワーチャージできた休日となりました。 

ひまわり鑑賞のベストタイミング

時間が経つにつれて、ひまわりはだんだんと頭をもたげてお辞儀した格好になってしまいます。

せっかく出向いたのに、ひまわりの元気な顔を見られないのは残念!ぜひ午前中の到着をおススメします。

ひまわりという植物は、陽が沈んだ後から朝にかけて、再び顔を上げるような話も聞きました。夜間のひまわり畑もミステリアスで興味があるけれど、ちょっと実現は難しいかな...。

お出かけの際の必需品

乾季とは言っても、南国の太陽はやはり強かった!日焼け止め&熱中症対策は必須です。

ちなみに私は日傘も持ってきましたが、満開のひまわりの写真を撮るのに夢中になり、一度も開かずじまい。帽子をかぶったり、両手が空くような対策の方が実用的かもしれません。サングラス、そして飲み物も持って行ってよかったアイテムです。 

もしひまわりが枯れていたら!

実は、最初に向かったエリアでは、すでに一帯のひまわりが刈られていました!

カサカサに枯れている畑もあちこちに。せっかく早起きしたのに、大ショック(@Д@)

f:id:calamarie:20170823114813j:plain

しかし、少し進むとすぐにまた一面のひまわり畑が次々と現れてくれました。これでホッと一安心!

「この一面の畑が満開だったら、素晴らしいだろうね、、、。」と想像力だけで満足してバンコクへUターン、しなくてよかった🌻 

ひまわり畑へのアクセス

レンタカー等、車で行く以外にも、フォランポーン駅から出発しているひまわり列車も利用できます(期間限定の人気列車なので、事前に予約した方が確実のよう)。

列車の場合は、ひまわり畑で一時停車して乗客を降ろしてくれるそうです。特別運行のひまわり列車ならではの特典!

また、各旅行代理店からもこの時期のいろいろなツアーが用意されているようです。

 ※価格は2016年12月時点のもの。1THB=約3円

 

◆ひまわり畑のこぼれ話

Sponsored Link