タイ🇹🇭バンコク スクンビットダイアリー

𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ TRAVELIVING BLOG

「Octave/オクターブ」バンコクのルーフトップバー@トンローのマリオットホテル, タイ

バンコク名物のルーフトップバー。

その中でもお気に入りの一軒、Octave/オクターブのこと。

 

「オクターブ」はこんなところ

  • 価格がリーズナブル:時間により1buyget1free のプロモーションあり(急になくなることもあるのでご確認ください)
  • 夕方がオススメ:夕方と夜景の中間の時間がなんともいえないステキ空間
  • 注意事項一つ:男性はドレスコードにちょっとご注意です。

 

夫はシャツを着ていたにもかかわらずサンダルで行ったので、入店NGとなりました...靴に履き替えて出直したのも、いい思い出です。

そんな思い出いらないよ、という方は最初から靴でお出かけください( ´∀`)

 

ルーフトップバーの風景

夕食までにちょっと時間がある時、夜景よりも、夕日が沈んで行く、その移り変わりの景色を見たい時。

そんな気分の時に私が行きたいのが、トンロー駅から徒歩圏内のマリオットホテルにあるオクターブ(Octave)です。

 

これまで穴場のルーフトップバーといわれていましたが、もう定番の一軒になっているように思います。

 

 ここはちょうどよく賑やかで居心地もいいし、何よりも360度の眺めが何より気持ちいい(*´∀`)♪

 

まず大好きなモヒートを。

運ばれて来たのは...

 

ミントではなく、、、バジル入りでしたσ^_^;
モヒートの概念が、根底から覆るアレンジでビックリ。

さすが?自由なタイ!

 

そして夫が頼んだカクテルには...

 

...シソが。

 
うーん、どちらもオリジナルレシピが良かったかなσ^_^;
とはいえ、シソは我が家には貴重なハーブなのでしっかり食べました。
これもタイの思い出ですねー。

 

たまたまなのか、日本をフューチャーしたカクテルが多く、日本酒ブレンドのカクテルもありました。
 

最上階からの眺め

下の写真は、最上階から見下ろしてみた風景です。
地震が多い国から来たせいか、やっぱりこの構造には足がすくみます(*_*) 

 

視界を遮る建物がないので、浮かんでいるような感覚になりますねー。
カクテルのせい?
 

 昼間の終わりと、夜の始まりが融合する空。

 

 
 
エレベータースペース。
飾られているのは、お茶の瓶だったか、香炉だったか。
幻想的なスペースで、ここも好き( ´∀`) 

 

こちらのバー、最上階への階段が狭目なので、ヒールが高いと往復ちょっと怖いです。

 

バーからの帰り際、たまたまマリオットのシェフと同じエレベーターに乗り合わせました。
今住んでいるコンドでもそうなのですが、外国人は、こういう時にサッとスモールトークしますね。人見知りの私でも、あまり抵抗なくご挨拶できました。
シェフのオープンマインドパワー、すごい(´∀`)

 

バンコクにいくつもあるこのルーフトップバー。日本には多くないタイプのスタイルなので、お客様が来た時に連れて行くと喜ばれる場所の一つです。
Sponsored Link