𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ ᴛʀᴀᴠᴇʟɪᴠɪɴɢ ʙʟᴏɢ

旅するように暮らしたい, 暮らすように旅したい ◆バンコク暮らしのブログは「スクンビットダイアリー」、東京生活&旅のブログは「うたかたの日々」です。PCの場合はグローバルメニューからどうぞ!スマホだと右上にブログの選択肢があります。細かいカテゴリーはサイドメニューへʕ•ᴥ•ʔ

タイ・バンコクで買う鉄剤「Haemovit」

Sponsored Link

日本からバンコクにやってくる際に、ビタミン剤各種をいろいろと持ってきました。鉄剤ももちろん持ってきたのですが、早々に底をついてしまい、新たに手に入れたのが鉄剤タブレット「Haemo-Vit」。

100粒入りです。遮光瓶カラーなのも、お気に入り☆

✤容器の素材はプラスチックです。

f:id:calamarie:20180112170848j:plain

購入先は「LAB」

「LAB」は、バンコクのデパート、エンポリウムの4階に入っているドラッグストア。ちょうどグルメマーケットのレジ横あたりです。

色々なドラッグストアでなかなか鉄が見つからず、夫がやっと調達してくれたのがここでした。助かった!

価格は買う度にちょこちょこと上がり続け、今は81バーツ。ハンパ...。

  ☆LAB Pharmacy はエンポリ内以外にも店舗があります。

意外と大変だった、鉄剤探し

ビタミン剤については、なくなれば現地調達でいいや、とそれほど心配していなかった私。

それなのに、どうして日本から持ってきたのかと言われれば、錠剤の大きさが違うんじゃないかなーという懸念があったから。

諸外国で買う錠剤は、私には粒が大きすぎるのです。ただでさえ、粒状のものを飲むのはニガテなので、できれば日本製の小さめの粒が良かったんですよね。

〈日本から持参したのはこのタイプ〉

鉄剤を求めてドラッグストアに向かうも、シングルビタミンのコーナーがない...。マルチビタミンはあったのですが、自宅で飲んでいるビタミンと重複するのでパス。

無かったのはたまたまだろう、と【Boots】へ。何軒か渡り歩きましたが、シングルの鉄はなし。もう、この時点でかなり焦りました!ビッグCなど、大型スーパーに併設されている薬局内にも、超レトロな薬局にも無かったです。

何だったんだろう...。 

 

余談ですが、「鉄」が全然通じなかったことでも凹んでしまいました。薬局だから英語でもOKかなと思っていたのですが、Ferrumもダメ、Ironもダメ。

もしかしたらヘムとか言えばよかったのかな?

最終的に購入した「LAB」で、どう言って通じたかというと...「スチール」。逆に、なぜこれで鉄剤ビタミンのことだとわかってくれたのかが不思議。

店員さんとのやり取りは、もう連想ゲームみたいでした。

 

 ちなみに、去年モデルチェンジがありました。旧容器はこちら。

f:id:calamarie:20180112171059j:plain 

漢字表記があって、私にとってはこの方がわかりやすかった☆ 

f:id:calamarie:20180112171138j:plain

日常のケアなら、食事プラスこれで十分間に合っています。

今の所、私は副作用なし。シリアスな貧血の場合は、病院で薬を出してもらうかと思いますが、とりあえずの鉄剤が体質にあっていてよかったです☺︎

Sponsored Link