𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ ᴛʀᴀᴠᴇʟɪᴠɪɴɢ ʙʟᴏɢ

旅するように暮らしたい, 暮らすように旅したい ◆バンコク暮らしは「スクンビットダイアリー」、旅行&東京生活は「うたかたの日々」。PCの場合はグローバルメニューから各ブログへどうぞ!スマホの場合は右上にブログの選択肢があります。細かいカテゴリーはサイドメニューでʕ•ᴥ•ʔ

バンコク・Green Cotton(グリーンコットン)のタオルケット@タイ

Sponsored Link

チットロムにあるショッピングセンター「アマリンプラザ」の他、バンコクにいくつも支店がある「Green Cotton(グリーンコットン)」。

日常使いしやすいアイテムが揃う、MADE in タイのコットン製品やさんです。

以前こちらで購入したハンドタオルが薄手で乾きやすくて使い勝手が良かったので、今度はタオルケットにトライしてみようとお出かけしてみました。

 

色々混在していますが、この山がタオルケット。

f:id:calamarie:20180830203938j:plain

 

お店の方がシングルサイズを見せてくれました。夫とお揃いで、シングル2枚でもいいかと思ったのですが、シングルサイズは縫製が期待値以下でした。

がっかりしていると、大きいサイズも見せてくれました。面白いことに、こちらは縫製がしっかりしていました!どうしてサイズ間で統一していないのか...謎。

 

70× 90インチ。コレはクイーンだっけ?いつまでたっても正確に覚えられない私。

結局、2人で一枚のブランケットでもいっかと思い直し、その一番大きいサイズのブランケットを試してみることに。一枚690バーツでした。

今回購入したサイズは、クイーンサイズとキングサイズの間くらいの大きさかと思われますが、日本円だと2,100円くらいでしょうか。

f:id:calamarie:20180830205312j:plain

 

ふち周りの縫製はこんな感じ。

f:id:calamarie:20180830205310j:plain

 

一度洗ってから使ってみたところ、肌触りは柔らかく、寝心地は良かったです。

が、肌触り云々とは別に、私の寝相が悪すぎるので、ブランケットは1人一枚が眠りやすいことが発覚(知ってたけれどね)。当初は2人で一枚の予定でしたが... 結局、これは夫専用となりました。 

わたし用のタオルケットも、後日買いに行きました☺︎

Green Cotton(グリーンコットン)

HP:Green Cotton

購入場所:アマリンプラザ内 ※ 他にも店舗あり

最寄駅:BTSチットロム駅

Sponsored Link