バンコク スクンビットダイアリー

◆◆バンコク&東京のいいな!を集めた日記ブログ◆◆お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン。いろんな国の好きなところをコレクションʕ•ᴥ•ʔ #お散歩 #旅行 #グルメ #コスメ #インテリア #アート #Apple #家電&ガジェット #クラフトビール

タイの寺院・ワットパクナム(Wat Paknam)での注意事項〈服装やマナー〉

Sponsored Link

フォトジェニックなスポットとして近年人気のワットパクナム。

実際に訪れてみると、いくつか注意したほうが良いポイントが有りました。

 

  • 土足厳禁
  • 露出の低い服装を
  • 金の支柱には触らない
  • エメラルド色の仏塔にコインを投げ入れない
  • 参拝者のお祈りを妨げない 
土足厳禁

本堂も白い仏塔も、内部は土足厳禁でした。

所定の場所で履き物を脱ぎましょう。

f:id:calamarie:20180315184929j:plain

 

露出の低い服装を

厳しい服装チェックはありませんでしたが、露出の高い服装は控え、お寺に敬意を表したほうが良いと思われます。

 

金の支柱には触らない

注意書きの通り、触れないようにしましょう。

f:id:calamarie:20180315185301j:plain

 

エメラルド色の仏塔にコインを投げ入れない

こちらも注意書きがありました。コイン等は入れないこと。

f:id:calamarie:20180315185348j:plain

 

参拝者のお祈りを妨げない

観光スポットというよりは、そもそもお寺なので、お祈りや瞑想をされている方々が多くいらっしゃいました。

そういったお祈りを妨げる行為には留意したいものです。

 

 

以上、ワットパクナムに書かれていた注意書きを中心にメモしてみました。

 

ワットパクナム:本堂


ワットパクナム:幻想的な天井画とエメラルド色の仏塔 

 

ワットパクナム(Wat Paknam Phasi Charoen)

行き方:ワットパクナム(Wat Paknam Phasi Charoen)寺院への行き方

FB:Watpaknam.bkk - ホーム | Facebook

住所:300 Ratcha Mongkhol Prasat Road, Bang Wa Sub-district, Phasi Charoen District, Bangkok 10160(パンフレットより)

最寄り駅:BTSシーロム線(Silom Line)のタラートプルー駅またはウタカート駅

開館時間:8時から18時

拝観料:無料

 

【MAP】 

 

Sponsored Link