バンコク スクンビットダイアリー

◆◆バンコク&東京のいいな!を集めた日記ブログ◆◆お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン。いろんな国の好きなところをコレクションʕ•ᴥ•ʔ #お散歩 #旅行 #グルメ #コスメ #インテリア #アート #Apple #家電&ガジェット #クラフトビール

タイの90日レポートの手続き!オンライン申請から認可完了までの流れ【イミグレーション】@バンコク〈更新〉

Sponsored Link

記事更新:'18-10-08 近況追加

今現在、中長期の予定でタイに住んでいます。こんな私を含め、外国人がタイに住んでいると90日毎に申請義務がある「90日レポート」

申請手段はいくつかパターンありますが、2017年後半辺りからネットでのオンライン申請がスムーズに行くことが多くなってきました。

タイの90日レポート-Notification of staying in the Kingdom over 90 days

タイに居住する外国人に課せられた申請手続き(義務)で、「継続して90日以上滞在」する場合は入国管理局にレポートしなくてはならい、というもの。


申請方法:複数あり(後述します)

申請可能時期:タイ王国へ入国から90日目を基準とすると、90日目の15日前から、そして90日後は7日間まで申請可能。

(原文:The notification must be made within 15 days before or after 7 days the period of 90 days expires.)

提出義務を怠った場合2,000バーツの罰金


 

90日、約3ヶ月に一度の手続きとはいえ、この手続は結構気が重い。

ただ、一つ嬉しいポイント(?)がありまして、それは「一度でも国外に出国(&入国)すれば、その時からカウントし直してくれる」ところ。

原文:If a foreigner leaves the country and re-enters, the day count starts at 1 in every case.)

 

タイから諸外国に旅行したり、日本への一時帰国、またタイ国外への出張など、タイを出る機会は意外とあるんですよね。そういった際に1からカウントし直してくれるということで、これはかなり助かります。これで結構やりすごせたこともあります☆

手続き場所となっている、バンコクのチャムチャリスクエアの冷房のきつさに耐えるくらいなら、海外旅行に行ってレポート提出を延ばしたい...とかなり本気で思ったことも。あの寒さ、上着を持っていってもしのげないんだもん(>_<)冗談ではなく、風邪をひきそうになったことも。

f:id:calamarie:20180322191215j:plain

90日レポートの申請方法

今の時点で私が知っている限り、申請方法は以下の5パターンです。

  1. 勤務先の企業で手配してもらう(代行含む)
  2. 書類をイミグレーション(入国管理局)へ郵送
  3. イミグレーション(入国管理局)に出向き、窓口で手続き
  4. イミグレーション(入国管理局)のサイトで、オンライン申請
  5. メールで申請〈2018年7月追記〉

この4パターン(+1)について、実体験の感想を交えつつメモしていきたいと思います。

1.勤務先の企業で手配してもらう(代行含む)

一番楽なのが、天国のようなこのパターン。自分自身ですることといえば、書類にサインしたり、写真(今は不要なのかな?)やパスポートを準備したり、ということだけでしょうか。

2.書類をイミグレーション(入国管理局)へ郵送して手続き

今だに郵送は未体験です。

郵送途中で手違いがもし起こってしまうと、結局窓口に行く羽目になって2度デマじゃないかなという懸念があって...。心配性なもので。プラス、郵便局混んでいて苦手なもので💦

そもそも、90日レポート云々ではなく、日常で郵便局に行かない...

体験していないことは書けないので、こちらでは省きます。すみません。

【参考】

Immigration Bureau  ⇒ https://www.immigration.go.th/index

Notification by registered mail ⇒ https://www.immigration.go.th/content/sv_90day

  

3.イミグレーション(入国管理局)に出向き、窓口で手続き

私の利用頻度的に一番多かったのが、窓口での直接手続き。イミグレーションに早朝着くように行って、若い番号札を貰えばスムーズなのだとはわかっていますが、なにぶん朝型人間ではないので...無理。

尋常ではない待ち時間もさることながら、強烈な寒さ(冷房)との戦いが待っているので、行かないですむのが一番ありがたい。

 

窓口:ワンストップサービスセンター(One Stop Service Center)

私が行くのは、チャムチュリスクエア内のワンストップサービスセンターです。駅と直結したビルなので、とても便利。

 

One Stop Service Center

最寄り駅:MRT(地下鉄)サムヤーン駅

所在地:319 Phayathai Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330

・CHAMCHURI SQUARE 18階

 

 

提出書類

・パスポート

・Receipt of Notification( 前回の申請時にもらう、日付が書かれた横長の白い用紙 )

・その他の必要書類について

住所氏名などを記入するフォーマット、その他必要書類が複数があります。私は毎回事前に記入して提出するのですが、毎回「コレじゃない」とつき返される事が多いです。

変更が多い時期だったのかもしれませんが、そもそも苦心してフォーマットを手に入れて記入するというステップが全て無駄になりました。

よってここでは、個別のフォーマットのご紹介を控えます。取り寄せ&現場での書き直しになっちゃう可能性がありそうなので💦最新の情報は、イミグレーションのサイトにてご確認ください。もしくは、信頼できる窓口で確認された方がロスが少ないと思います。私はここで現物をもらって待ち時間に記入したことも何度か。

 

【参考】

以下は郵送のケースですが、きっと窓口での提出書類とかぶる部分が多いのでは、ということで載せておきます。

◆Notification by registered mail ⇒ https://www.immigration.go.th/content/sv_90day

ちなみに本日(2018年3月22日)、上記リンクからTM47などの必要書類をクリックしたところ、エラーが出ます。なので、以下のサイトから90日レポートの該当書類をピックアップしてダウンロードした方が今はいいかもしれません。

 Immigration Division 1

 

窓口でよくあったパターン

・記入して用意していった書類を受付で提出するも、全てフォーマットが違うと返される。ゼロからのやり直し。

・イミグレーション内に人がいっぱいで椅子に座れない(長時間待ちにくい)。→2018年は改善された模様?

・冷房で寒いので、チャムチュリスクエア内のカフェやレストランに入って時間を潰そうとするも、そこも寒い。

・夕方になると、受付を申請したものの手続きを諦める(?)人たちが多いのか番号が呼ばれても応答のないパターンが続出。その余波で待ち時間の目安が狂って順番がかなり早まってしまい、呼ばれた時に私がそこにいなかったため、「なんで呼ばれた時にここにいないの💢」とカウンターで怒られる(私だけ?でも無いような...)。

4.イミグレーション(入国管理局)のサイトで、オンライン申請

昨年からオンライン申請がスムーズになったように思います。プリントアウトも不要ですし、ネットで済むのが本当にありがたい。

前半が長くなりましたが、今回の記事でお伝えしたかったのは、この「オンライン申請」がとっても簡単でスムーズでした!ということなのです。

では、覚えている限りで手順メモ。

 

申請画面:https://extranet.immigration.go.th/fn90online/online/tm47/TM47Action.do

 

申請期間:オンラインの場合は、15日前から7日前までです。窓口とは違い、90日を過ぎてからの申請はできません。

 

手続き完了メールの配信

私が申請した際は、登録したメールアドレスに申請が認可された旨のメールが届きました。これは安心!

 

f:id:calamarie:20180322192256j:plain

一つだけ難点

便利なオンライン申請ですが、Macユーザーには悲報が。

それは「やっぱりSafariに対応していない」という点。2018年に入っても、引き続きMacからは申請できませんでした。オンライン申請がスムーズになったと書いておきながら、自宅にWindowsがないので毎回PCをお借りしている次第です。

5. メールで申請〈2018年7月追記〉

先日知ったのですが、オンライン申請とは別に、メールで申請するやり方があるそうです。詳しい方法はわからないのですが、やり取りはタイ語になる模様。

ということで、一般的な日本人(私)にとってはあまり関係のない申請方法なのですが、一つの手段としてメモしておきます。

ちなみに、この方法で申請した場合、手続き完了後にくるメールはオンライン申請の時にくる画面と同様です(2018年7月現在)。

 

2018年近況

記事をアップしてからしばらく、オンラインによるネット申請でスムーズにいっていました。

が、その後なぜか承認されないことが続いています。私だけでなく、同じタイミングで申請した複数人が全滅ということも。結局再々トライ...。

また、承認が確定したあとに「お申込みは承認されませんでした」というメールがスーッと静かに届いて肝を冷やすシーンも体験しました(承認自体は有効)。

なんというか、「波」があるんでしょうか。手続きが開始できる時期が限られているのがもどかしいですが、できる範囲で早め早めを心がけておいたほうがいいのかもしれません。

本帰国したら、こういうやきもきも懐かしく思えるのかな。

 

こんな記事も書いています

KARMAKAMET DINER, タイのアロマブランド「カルマカメット」でおみやげ探し

タイ・アバイブーベ(Abhaibhubejhr)のマンゴスチン石鹸

タイの足裏用樹液シート「Lanna Foot Patch」がかなり良かった

タイのHARNN(ハーン):石鹸は9種類&現地価格について【お土産候補】

Sponsored Link