バンコク スクンビットダイアリー

◆◆  バンコクのいいな!を集めた日記ブログ  ◆◆ お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン、美味しいもの, お出かけ, そしてアロマや自然派グッズのあれこれʕ•ᴥ•ʔ

タイの90日レポートの手続き:ネットでオンライン申請〜認可完了【イミグレーション】@バンコク

Sponsored Link

外国人がタイに住んでいると、90日毎に申請義務がある「90日レポート」

申請手段はいくつかパターンありますが、去年(2017年)後半辺りからネットでのオンライン申請がスムーズに行くことが多くなってきました。

記念に作業メモ。

 

タイの90日レポート- Notification of staying in the Kingdom over 90 days

タイに居住する外国人に課せられた申請手続き(義務)で、「継続して90日以上滞在」する場合は入国管理局にレポートしなくてはならい、というもの。


申請方法:複数あり(後述)

申請可能時期:タイ入国から90日目を基準とすると、90日目の15日前から、そして90日後は7日間まで申請可能。

(原文:The notification must be made within 15 days before or after 7 days the period of 90 days expires.)

提出義務を怠った場合2,000バーツの罰金


 

90日、約3ヶ月に一度とはいえ、結構気が重い手続き。

ただ、一つ嬉しいポイント(?)がありまして、それは「一度でも国外に出国(&入国)すれば、その時からカウントし直してくれる」ところ。

原文:If a foreigner leaves the country and re-enters, the day count starts at 1 in every case.)

 

タイから諸外国に旅行したり、日本への一時帰国、また出張など、タイを出る機会は意外とあるんですよね。そういった際に1からカウントし直してくれるということで、これはかなり助かります。これで結構やりすごせたこともあります☆

チャムチャリスクエアの寒さに耐えるくらいなら、海外旅行に行ってレポート提出を延ばしたい...とかなり本気で思ったことも。

あの寒さ、上着を持っていってもしのげないんだもん(>_<)

f:id:calamarie:20180322191215j:plain

 

90日レポートの申請方法

私が知っている限り、申請方法は以下の4パターン。

 

  1. 勤務先の企業で手配してもらう(代行含む)
  2. 書類をイミグレーション(入国管理局)へ郵送
  3. イミグレーション(入国管理局)に出向き、窓口で手続き
  4. イミグレーション(入国管理局)のサイトで、オンライン申請

 

1.勤務先の企業で手配してもらう(代行含む)

一番楽なのが、天国のようなこのパターン。

自分ですることといえば、書類にサインしたり、写真(今は不要なのかな?)やパスポートを準備したり、ということだけでしょうか。

 

2.書類をイミグレーション(入国管理局)へ郵送して手続き

郵送は未体験です。

郵送途中で手違いがもし起こってしまうと、結局窓口に行く羽目になって2度デマじゃないかなという懸念があって...。心配性なもので。

プラス、郵便局混んでいて苦手なもので💦

体験していないことは書けないので、こちらでは省きます。

【参考】

Immigration Bureau  ⇒ https://www.immigration.go.th/index

Notification by registered mail ⇒ https://www.immigration.go.th/content/sv_90day

  

3.イミグレーション(入国管理局)に出向き、窓口で手続き

頻度的に一番多かったのが、窓口での直接手続き。

イミグレーションに早朝着くように行って、若い番号札を貰えばスムーズなのだとはわかっていますが、なにぶん朝型人間ではないので...無理。

尋常ではない待ち時間もさることながら、強烈な寒さ(冷房)との戦いが待っているので、極力行きたくないのですが...。

 

窓口:ワンストップサービスセンター(One Stop Service Center)

私が行くのは、チャムチュリスクエア内のワンストップサービスセンターです。

駅と直結したビルなので、とても便利。便利だけど、寒い。

 

One Stop Service Center

最寄り駅:MRT(地下鉄)サムヤーン駅

所在地:319 Phayathai Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330

・CHAMCHURI SQUARE 18階

 

 

提出書類

・パスポート

・Receipt of Notification( 前回の申請時にもらう、横長の白い用紙 )

・他の必要書類について

住所氏名などを記入するフォーマット、その他必要書類が複数があります。

私は事前に準備して提出するのですが、毎回「コレじゃない」とつき返された事が多いです(変更が多い時期だったのかもしれませんが)。

よってここでは個別のご紹介を控えます。書き直しになっちゃう可能性もありそうなので💦

最新の情報は、イミグレーションのサイトにてご確認ください。

 

【参考】

以下は郵送のケースですが、きっと同じでは、ということで載せておきます。

Notification by registered mail ⇒ https://www.immigration.go.th/content/sv_90day

ちなみに本日(2018年3月22日)、上記リンクからTM47などの必要書類をクリックしたところ、エラーが出ます。

なので、以下のサイトから90日レポートの該当書類をピックアップしてダウンロードすることになるでしょうか。

 Immigration Division 1

 

 

窓口でよくあったパターン

・記入して用意していった書類を受付で提出するも、全てフォーマットが違うと返される。ゼロからのやり直し。

・人がいっぱいで椅子に座れない(長時間待ちにくい)

・局内が冷房で寒いので、チャムチュリスクエア内の店舗に入って時間を潰そうとするも、そこも寒い。

・夕方になると、受付を申請したものの手続きを諦める(?)人たちが多いのか番号が呼ばれても応答のないパターンが続出。

待ち時間の目安が狂ってかなり早まってしまい、呼ばれた時にそこにいなかったため、カウンターで怒られる(私)。

 

 

4.イミグレーション(入国管理局)のサイトで、オンライン申請

冒頭にも書きましたが、昨年からオンライン申請がスムーズになったように思います。

プリントアウトも不要ですし、ネットで済むのが本当にありがたい。

 

申請画面:https://extranet.immigration.go.th/fn90online/online/tm47/TM47Action.do

 

申請期間:オンラインの場合は、15日前から7日前までです。窓口とは違い、90日を過ぎてからの申請はできません。

 

手続き完了メールの配信

私が最後に申請した際は、登録したメールアドレスに申請が認可された旨のメールが届きました。これは安心!

 

f:id:calamarie:20180322192256j:plain

 

一つだけ難点

便利なオンライン申請ですが、Macユーザーには悲報が。

それは「Safariに対応していない」という点。2018年に入っても、引き続きMacからは申請できませんでした。

オンライン申請がスムーズになったと書いておきながら、自宅にWindowsがないので毎回PCをお借りしている次第です。

Sponsored Link