タイ🇹🇭バンコク スクンビットダイアリー

𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ TRAVELIVING BLOG

タイのココナッツミルク:パッケージの種類あれこれ

タイ料理やスイーツを作るときに用いる、ココナッツミルク。

植物性にも関わらず、とっても濃厚!ココナッツミルクは美肌に良いとか耳にしますが、私の場合は単にタイ料理が好きだからという理由で愛用しています。よく知られているタイカレーだけでなく、ちょこっと仕上げに使ったりと、エスニック料理では結構な登場頻度だと思います。

一口にココナッツミルクとは言ってもパッケージがいろいろあるので、写真メモ。

缶

日本でもよく見かける、缶タイプ。

タイに来てからは、ほとんど買わなくなりましたが、缶詰ということで保存期間が長いのが特徴です。いくらだっけ^^;

f:id:calamarie:20180824153127j:plain

 

そういえば、上の写真のココナッツミルク。日本にいるときに買っていたブランドだ!確かカルディで今も販売されています。タイでも同じものを選ぶとはこれいかに...。

日本では、これ以外もよく見かけますよね。私も数種類を気分で使っていました。正直、味の違いはわからなかったので、どれも美味しいということで。

 

紙パック

タイではよく見かける、紙パックのタイプ。

写真のココナッツミルクは、スーパーマーケット「TESCO LOTUS」のPB商品。価格忘れましたが、だいたい200円以下だったと思います。

f:id:calamarie:20180824153128j:plain

 

袋(粉)

私は買ったことがないのですが、粉末状のココナッツミルクも売っています。これって、用途なんだろ??

日本でも手に入るようで、おかし作りの御用達「富澤商店」でも取り扱いがありました!なんでもあるなあ、富澤商店は( ´∀`)

 スパイスの「GABAN」でも販売されているみたい。

いつか用途を調べて、複雑なお菓子でなければトライしてみようかなと思います。

 

 

 他にも色々あるので、随時追加予定。一番お気に入りのパッケージを載せていないという...。

いつも写真撮るの忘れちゃうので、いつ完成するのやら^^;

Sponsored Link