うたかたの日々 ✖ バンコク🇹🇭スクンビットダイアリー

泡のように消えていく日々の記録◆◆東京暮らし&バンコク生活で見つけたいいな!を集めた日記ブログ◆◆ #旅行 #お散歩 #グルメ #コスメ#アロマ #ハーブ🌿 #インテリア #雑貨 #アート #チョコレート #Apple #家電&ガジェット #映画 #音楽 #本 #お茶 #クラフトビール ʕ•ᴥ•ʔ記事のアップにはタイムラグがあります📅

おしゃれすぎるバンコクのフリーペーパーを集めてみた【バンコクマガジン/タイムアウトバンコク/ジャムマガジン, etc】

Sponsored Link

バンコクに来て驚いたのは、フリーペーパーのクオリティが高いこと!「え、これ無料?」って2度見してしまうような冊子がいっぱいあります。多くの外国人が訪れるバンコクならでは、でしょうか。この点は非常に恵まれている環境だと思います。

記事のフレッシュさに加え、特集の切り口、紙質の良さ(意外と大事)、そして広告までもが美しいところが魅力!

そんな、お金を出してでも購読したいフリーペーパーを集めてみました。誌面の中身をネットで公開していいのか疑問なので、写真は表紙だけでお送りします。随時更新予定☺︎

◆ バンコクのフリーパーパー

 BK - バンコクマガジン -

レストラン選びの際、頼りにしている両巨頭が「グーグルマップ」と、この「バンコクマガジン」です。

f:id:calamarie:20190211164611j:plain

BK Magazine Online | The insider's guide to Bangkok

WEB版があるので、今では紙面で読む機会はめっきり減ってしまいました。新しいレストランのレビューは、どこよりも早い気がします。開店してすぐ足を運ぶことはあまりないのですが、行く機会があるときはこちらのレビューを見てから決めるのが習慣になりました。開店早々って、オペレーションが安定していないし、揃ってないメニューも多かったりしますよね(^^;)

レストラン情報だけでなく、アートイベントなどのお知らせも早いです。

TimeOut BANGKOK - タイムアウト バンコク -

「タイムアウト東京」も好きなので🗼、バンコク版を見つけた時は嬉しかった!

これって各都市版があるのかな? f:id:calamarie:20190211165355j:plain

Time Out Bangkok - Events, attractions and what's on in Bangkok

WEB版もありますが、これは冊子で読みたい派。

チャオプラヤー川エリアや中華街の特集など、「ここ気になる!行ってみたい!」と思える特集が多いです。コンパクトにまとまっているので、保存率が高いフリーペーパー。

Cub HOUSE - カブハウス -

番外編にすればよかったかな。Cubが出しているフリーペーパーです。内容は...Cubのこと。

f:id:calamarie:20190211165418j:plain

奇しくも創刊号を入手できて、そのオシャレさにびっくり。すぐには「ホンダ」と結びつかなかった!ごめんなさい...。

免許がないのに恐縮ですが、見るだけでも楽しめるフリーペーパーです。Cubかわいい☆

The Jam Mag. - ザ・ジャムマガジン -

私が一番好きなフリーペーパー。倉庫を改造した川沿いレストラン「ジャムファクトリー」ほか、この系列施設においてあります。

f:id:calamarie:20190211171027j:plain

雑誌「CUT」が好きな人なら絶対夢中になるフリーペーパー。最近のではなくて、2000年より前の時代ね。

とにかく写真が好きです。記事から広告に至るまで、すべてがかっこいい!特集の内容も、オリジナリティ溢れるテーマが多いような。残念ながらタイ語メインなので、雰囲気だけ味わっています。嬉しいことに、この頃はちょこちょこ英語でも要点が書かれることも。

The Jam Factory - ザ・ジャムファクトリー -

昔よく読んでいたフリーペーパー。その名の通り、こちらも「ジャムファクトリー」によるもの。

f:id:calamarie:20190211172603j:plain

ファッションについての特集が多いです。私よりもずずっ--と若者向けな印象。

時々映画の話も出てくるので、あると読みたくなる冊子。

Latitudes - ラティチュード -

有料だと思ったら無料で驚いたのが「Latitudes」。バンコクのフランス語学校、アリアンス・フランセーズ(L’Alliance française de Bangkok)に行くともらってくる雑誌。各月発行です。

f:id:calamarie:20190211171043j:plain

バンコクのみならず、タイ国内のリゾートや、カンボジアなどの近隣諸国についても取り上げているので読み応えがあります。

いろんな国のアーティストが登場したり、中華街のコアなスポットが載っていたり、お出かけの参考になることもしばしば。フランス語メインですが、英語の説明もあるので拾い読みができます。写真だけ眺めることも多いけど。

 

お気に入りのフリーペーパー特集、また今度👋

Sponsored Link