タイ🇹🇭バンコク スクンビットダイアリー

𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ TRAVELIVING BLOG

バンコクでも買えるスキンケアブランド「ジュリーク(Jurlique)」

記事更新:'20-03-10 記事公開:'18-03-02

本日は、コスメやスキンケアにまつわるお話。

メジャーなハイブランドは、大抵バンコクでも入手可能です。

日本のデパートの化粧品フロアをイメージすれば思い浮かんでくるような、シャネル、エスティローダー、等のブランドですね。

 

デパートに入っているジュリーク

ジュリークも、サイアム・パラゴンなど、主要なデパートに入っているので入手可能です。

ただ、価格は日本で買う方がうっすら安い気がしますね。

タイは輸入品が高いので、これはもう仕方がないのかな。

 

ただ、意外とあなどれないのがバンコクのプロモーション!

1個買うともう1個!だったり、セットで買うと何か付いてきたり、というプロモーションをわりと頻繁に目にします。

総合的に見たら、オトクな場合もあるかもしれませんね。

ちなみに、パラゴンの美容系ブースの接客はかなり強めな印象(^^;

相手が勧める物ではなく、自分が買いたいものを買いたい!派の人(私)にはあんまり向かないように思います。

チットロムの「ゲイソーン」は比較的ゆっくり見せてくれますね。

 

【ジュリーク】

Jurlique | Natural Skin Care Products

 

f:id:calamarie:20180314012006j:plain

f:id:calamarie:20180314012008j:plain

 

タイのジュリークに今のところ無いもの

店舗自体はあるのですが、(現時点で)どのジュリークにも見つから無いものがあります。

 

・デイクリーム

ジャーに入っているナイトクリームはあるんだけど、チューブのデイクリームがない...。

セラム系は揃っているのに、どうしてだろう(◞‸◟)

 

・大容量サイズ

不思議なことに、小サイズ、そして中サイズまでしか無いんですよね...。

タイの自然派ブランドも好きでよく使うのですが、メインはジュリークなのでビッグサイズがないのは困ります。確実に毎日使うものなので、小さいサイズだとコスパが悪すぎるんですよね...。

 

✤こういった特大サイズが無いのです⤵

utakata-days.hatenablog.com

 

空港の免税店も選択肢の一つ

タイのジュリークに大きいサイズがないので、結局空港の免税店で調達することが多いです。

夫が出張に行った際には必ずジュリークをチェックしてもらい、希望のものがあればお願いしています 𓅪 

 

 

追記

記事を公開して以来、ジュリークの品揃えもかなり増えたように感じます。アレがないこれがない、と当時はメモしていますが、まずは店頭をチェックしてみるのが良いかと思います。

輸入物の割高感も、為替レートによってはまた違った価格になりますね☺︎

Sponsored Link