タイ🇹🇭バンコク スクンビットダイアリー

𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ TRAVELIVING BLOG

タイ・バンコクの食品ラップなら「エコラップ(Eco Wrap)」by Kitch'n Kool

食品ラップは、旭化成の「サランラップ」が世界で一番使いやすい!キレとぴっちり具合は、もうこれに勝るものはないように思います。

普段は、このサランラップとシリコンラップ、そしてエコ系ラップを併用しています。我が家では、レンジでチンしない時に活躍するのがエコ系ラップ。

トップススーパーで見つけた「Eco Wrap」

日本から持ってきたエコ系ラップがなくなった時、バンコクのTOPS スーパーマーケットで見つけたのが「Eco Wrap」。

f:id:calamarie:20190304163618j:plain
ナチュラルなパッケージに惹かれてジャケ買いしたのですが、他に試したタイのメーカーよりは使いやすかったです。

https://www.facebook.com/KKEcoWrap/

使いゴコチ

プラスチックのスライドカッターを本体に取り付けてから使用します。

ラップは、容器の隙間から通してカット。スライドカッターを動かす一手間はありますが、思った以上にヨレずに切れました。箱自体がやや大きいのが難点ですが、まあまあいい感じではないでしょうか。

ただ、やっぱり日本製のエコ系ラップの方が断然使いやすいですね...。我が家では、あくまでストックがなくなったときの代替品として使っています。

エコフレンドリーな食品ラップ

この商品を一つ買うと、1バーツが環境団体に寄付される仕組みだそう。そして、もう一つの特徴は「BPAフリー」であること。

BPAとは

プラスチック・ボトルやレジのレシートなどに「BPAフリー」のラベルが付いているのを見たことがあるだろうか。BPAとは「ビスフェノールA」という名の化学物質のこと。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た作用を持ち、人や動物の健康にさまざまな影響を及ぼすとされているため、欧米では多くの消費者がBPAを含む製品を避けている。

by ナショナルジオグラフィック日本版サイト

f:id:calamarie:20190304163601j:plain

容器も中身もナチュラル派のようです☺︎

Eco Wrap商品情報(Mサイズ)

Kitch'n Kool

価格:箱入りが112バーツ、レフィルが79バーツ(価格追記)

対応温度:−20度から130度

電子レンジ:可

冷凍保存:可

サイズ:30 cm × 60 m

特徴:BPAフリー&購入一本につき1THBが環境団体へ寄付される

購入場所:バンコク・TOPS スーパーマーケット

Sponsored Link