バンコク スクンビットダイアリー

◆◆  バンコクのいいな!を集めた日記ブログ  ◆◆ お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン、美味しいもの, お出かけ, そしてアロマや自然派グッズのあれこれʕ•ᴥ•ʔ

イソップ【Aesop】がエンポリウムにも@プロンポン, バンコク

Sponsored Link

オーストラリア・メルボルン発祥のボタニカルブランド、イソップ【Aesop】。

先日、サイアムパラゴンに入った店舗を見てきました。

まさに見てきただけ...の様子はこちらです。

sukhumvitdiary.hatenablog.com

 

そのイソップ、6月の初めにはプロンポンのエンポリでもコーナーを見かけました。

M階の通路に設置された、シンプルなディスプレイ。

 

f:id:calamarie:20170627104337j:plain

 

 

やけにパセリシードが多い...今の一押しなのでしょうか。

f:id:calamarie:20170627104333j:plain

 

この時は急いでエンポリを通り抜けなくてはならなかったので、とても気になったにも関わらず店舗をチェックせず泣く泣くスルー。

急いで...「一番」のラーメンを食べに行かなくてはならなかったのでσ^_^;

 

日を改めて、数日後にイソップ訪問。

夫がリップクリームを探していたので、見に行ってみました。

マリメッコ側の入口から入ると、早速イソップのハンドクリームが置かれているのを発見。

f:id:calamarie:20170627104345j:plain

うちと同じのだーとテンションが上がるも、ちょっと種類が違っていました。

左が柑橘&樹木系、右がローズマリーも入ったキリッと系。

どちらもアロマのいい香り!

 

イソップのいいところは、新種が出ても、基本的なパッケージがあまり変わらないところ。

どのアイテムも総合的に同じ見た目なので、アイテムが増えても統一感があるところが好きです。

 

それほど探すこともなく、イソップを発見。

f:id:calamarie:20170627110255j:plain

 

ちょうどエレベーターの昇降口の辺り。

横長いスペースなので、分かりやすいかと思います。M階になるのかな。

エンポリにオープンしたのは今年5月だそうです。

 

見たことがないアイテムを手にとっていると、スタッフさんが使い方を教えてくれました。サイアムパラゴンより、こちらの接客のほうが落ち着きます。

商品の説明はしてくれるけれど購入を畳み掛けてこないので、ゆっくり自分の好きなものが探しやすい。

ハーブティも頂きました。ここはタイだし...と警戒しつつ口をつけると、甘くない!

お砂糖は入っていませんでした( ´∀`)

 

リップを試したところ、ちょっと感触がスルスル過ぎて、唇になじむまでちょっと時間がかかりました。

容器は衛生的で使い勝手が良さそうだったし、精油の香りも爽やかだったので残念ですが、ここでは決めずじまい。

参考までに値段を伺うと、予想よりお高めに感じる。

リーズナブルなタイのナチュラルグッズに慣れてしまったせいかな?と思っていたら、やっぱりうっすら高いみたい。

 

イソップの親会社の偉い人がインタビューされていましたが、

それによるとタイのイソップ商品は、香港のイソップ価格よりも10-12%高めになっている模様。

ふうん...

今後5年をめどに海外展開を積極的に進めていくそうなので、これからいろんな国で目にする機会が増えそうな予感です。


 

      旅と美のブログ【うたかたの日々】

Sponsored Link