うたかたの日々 ✖ バンコク スクンビットダイアリー

泡のように消えていく日々の記録◆◆東京暮らし&バンコク生活で見つけたいいな!を集めた日記ブログ◆◆ #旅行 #お散歩 #グルメ #コスメ#アロマ #ハーブ🌿 #インテリア #雑貨 #アート #チョコレート #Apple #家電&ガジェット #映画 #音楽 #本 #お茶 #クラフトビール ʕ•ᴥ•ʔ記事のアップにはタイムラグがあります📅

Asiatique The Riverfront(アジアティーク)の思い出@タイ, バンコク

Sponsored Link

BTSのサパンタクシン駅から船に乗り、初めてアジアティークへ。

この日はとても暑くて(いつも暑いの?)、ギラギラの太陽から逃げ込んだのが、倉庫型のパブ。

 

バンコクに来てから、初めてクラフトビールを飲んだ。

急に東京を思い出して、くすんとなった、暑い日の午後。

f:id:calamarie:20170603184034j:plain

 

アジアティークとは、どんなところかというと。

19世紀後半、シャム王国(タイ王国の旧名称)はデンマークとの友好条約締結後、ここアジアティークは、当時のハンス・ニール・アンデンセンを社長とするイースト・アジアティーク社がチーク材を海外に送り出すための最初の船着き場となった場所です。またそれは友好条約後、シャム王国が独立国家としての貿易の始まりでもありました。
アジアティークは、このような歴史的背景を尊重し、イースト・アジアティーク社の建物を修復・復元し、当時の栄華を蘇らせることを目的とするASIATIQUE THE REVEFRONT計画のもとに開発されました。
その広さは東京ドーム約2.5個分の広さで4つの地区に分かれ、広大な敷地内には、総数約1,500もの店舗とレストラン約40店舗があります。

Quote from 「タイ国政府観光庁」

Asiatique The Riverfront

住所:2194 Charoenkrung Road, Wat Prayakrai District, Bangkor Laem, Bangkok 10120

Sponsored Link