タイ🇹🇭バンコク スクンビットダイアリー

𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ TRAVELIVING BLOG いつかのタイ・バンコク暮らし

タイでレチンA クリーム(Retin-A cream)を使ってみた@バンコク

記事更新:'18-09-01 記事公開:'16-02-25

ある日のタイ語の授業の後、急に思い立って薬局へ足を向けてみました。

シミに効くというタイのクリームを、なぜか突然欲しくなったのです( ´∀`)

お目当てはレチンA クリーム(Retin-A cream)。ちなみに、日本では美容目的で購入するのはよろしくないみたいですね。タイでは処方箋なしで手に入るクリームの一つです。

向かった先は、バンコクに多店舗展開している「Boots」。サーっと店内を見回したけれど見つけられなかったので、カウンターで聞いてみました。

レチンAには0.025%と0.05%があって、迷わず0.05%のクリームにしました。何でも濃い方が好きです♪

価格は、20gで150バーツ前後だったような覚えが。日本円で大体500円です。

f:id:calamarie:20180910225729j:plain

使いゴコチ&感想

その夜早速使ってみました。イマイチ正しい使い方がわからなかったので適当に。

洗顔後、綿棒の先にクリームをのせて、シミっぽところにのせました。

うーん、買っておいてなんだけど、そんなに気になるシミがない...。せっかくなのでちっちゃいホクロにつけてみました。あれ、私の顔にホクロって意外とあったんだーと地味に再発見。

正直、普段ほとんど自分の顔見ないんですよね。メイクするときも、ザザザー...。

なので、顔の状態確認しないまま数分で終わる...。

 

そんな感じで、久しぶりに自分の顔を見ながらテンテンとクリームをつけました。

しばらくすると、ちょっと皮膚が突っ張る感じ。クリームが乾いてきたみたい。

メディカル系のサイトを見ると、ヒルドイドを重ねて塗るといいらしい。ふふふ、これも買っておいたよ( ´艸`)

ヒルドイドの0.3g(赤いパッケージ)を、レチンAを塗った後の肌に薄めにのばしてみました。で、就寝。

 

翌朝、いつものように顔を洗う前にお洗濯。洗濯物を干し終わってから、「あ、日に当たっちゃいけないんだった!」と慌てて洗顔する始末。

そう、このレチンAクリームだったかヒルドイドをつけているときは、日光に当たってはいけないそうなんです。すっかり忘れて、太陽を浴びてしまった私。...こういう手間がかかるスキンケア、向いていないな😞

 

洗顔後の肌を見て見ると、うーんイマイチ...イマイチどころか、むしろ以前よりゴワゴワしてる!なんというか、皮膚が硬くなったというか厚みが感じられるというか...。

洗顔後に化粧水を塗っても入っていかない感じ。なんてことだ...と慌てていつも使っているアイテムでケア。

その後、2週間以上かけてなんとか元の状態に戻りました。

結論、私には向いていなかった。

日に当たってはいけないという制約もあって、その後使っていないです。

追記

イマイチ効果がわからないどころか前より肌が固くなった気がすると上記で書きましたが、このクリームは1ヶ月スパンくらい(でしたっけ)で使って効果を出すアイテムのよう。気が短いので、一回でなんらかの手応えがあるクリームだと思っていました。

もしかしたら、肌がゴワゴワになったのもなんらかのプロセスだったのでしょうか...。怖くて、再トライはしていません☺︎

Sponsored Link