バンコク スクンビットダイアリー

◆◆  バンコクのいいな!を集めた日記ブログ  ◆◆ お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン,美味しいもの, お出かけ, そしてアロマやスパブランド&自然派グッズなどの美容系情報もʕ•ᴥ•ʔ

タイの寺院 ワットパクナム(Wat Paknam):本堂

Sponsored Link

天井画とエメラルド色の仏塔で有名なワットパクナム(Wat Paknam)。

その有名スポットだけでなく、はじめに行った本堂もまた、重みのある世界でした。

 

 

入口で靴を脱ぎ、中へ入ります。

f:id:calamarie:20180315181520j:plain

 

f:id:calamarie:20180315181622j:plain

 

真剣にお祈りを捧げる方々も多く、静かで独特の空間でした。

f:id:calamarie:20180315181631j:plain

 

両壁の絵。どんな物語なのかな。

f:id:calamarie:20180315181747j:plain

f:id:calamarie:20180315181812j:plain

 


タイのお寺の天井には、シャンデリアが照明として使われていることが結構多いですね。

f:id:calamarie:20180315182047j:plain

 

 

あちこちで瞑想される方の姿がありました。

主要な場所では大理石が主に使われていましたが、これもかなり見ごたえがあります。

f:id:calamarie:20180315181948j:plain

 

 

金箔と油でお願い事を

ルアンポーソッド師の像。お隣には象も。

金箔を貼り、良縁や交通安全を願うのだそうです。

f:id:calamarie:20180315182216j:plain

 

珍しかったのが、こちら。

中には油が入っています。柄杓で油を回しかけるのだそうで、私もやってみました。

油を上手に回しかけるので精一杯で、お願い事する間が無かったという...。

f:id:calamarie:20180315182446j:plain

 

中には、油(サラダ油的な)をたくさん持参している方もいらっしゃいました。

ここでの油にどういう意味があるのか、もっと知りたいな☆

 

 

天井画とエメラルド色の仏塔 

 

 

ワットパクナム(Wat Paknam Phasi Charoen)

FB:Watpaknam.bkk - ホーム | Facebook

住所:300 Ratcha Mongkhol Prasat Road, Bang Wa Sub-district, Phasi Charoen District, Bangkok 10160(パンフレットより)

最寄り駅:BTSシーロム線(Silom Line)のタラートプルー駅またはウタカート駅

開館時間:8時から18時

拝観料:無料

 

【MAP】 

 

 

Sponsored Link