𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ ᴛʀᴀᴠᴇʟɪᴠɪɴɢ ʙʟᴏɢ

旅するように暮らしたい, 暮らすように旅したい ◆バンコク暮らしは「スクンビットダイアリー」、旅行&東京生活は「うたかたの日々」。PCの場合はグローバルメニューから各ブログへどうぞ!スマホの場合は右上にブログの選択肢があります。細かいカテゴリーはサイドメニューでʕ•ᴥ•ʔ

バンコク・Green Cotton(グリーンコットン)のスリッパ@タイ

Sponsored Link

MADE in タイのコットン100%製品を販売しているバンコクのお店、Green Cotton(グリーンコットン)。

ナチュラルな素材でありながら、デイリーユースにちょうどいい、リーズナブルな価格が魅力のお店です。私がこちらで一番リピートしている商品は、おそらく「スリッパ」。

 

スリッパの中でも、来客用、普段用、飛行機用、などなど色々用途はあるかと思いますが、その中でも、私的にはお風呂上がりにちょうど良いスリッパなのです。

 

Green Cotton(グリーンコットン)で販売されている様子は、こんな感じ。

もう、ざっくりカゴに入れられています。

f:id:calamarie:20180831014607j:plain

 

私が選ぶのは、サイズSかMだったかな。この辺りのサイズだと、1セット100バーツだったと思います。日本円で300円少々。

男性はLだと大丈夫かと思われます。いまいちサイズがわからなければ、お店の方が「あなたはこれね」って断言してくれます。スリッパに限らず、サイズのご指摘が不思議と当たってるんです、これが..。まるで下着メーカーの方みたいな的確さ?!

上の写真にも写っていますが、XXL(多分最大サイズ)で120バーツです。

 

名ずけて、バススリッパ(Bath Slippers)!

こちらのスリッパ、お風呂上がりにぴったり!

呼び名違っていたらごめんなさいですが、まさに「バス・スリッパ」として重宝する一品なのです。

というのは、素材がコットンということで、洗っても大丈夫!(自分判断ね)

お風呂の後に履いているのでそれほど汚れてはいないと思うのですが、バスタオルを毎日洗う感覚でスリッパも毎日洗いたい派です。

ということで必然的にかなり頻繁に洗っているのですが、それでも結構持ってくれるのがありがたい!

日本でも、デイリーのスリッパとは別にお風呂上がり用のスリッパを愛用していましたが、底面のクッション具合はこのGreen Cotton(グリーンコットン)のスリッパの方が厚みがあって好きです。これは好みにもよるのかな。

激しい洗い方にも耐えてくれるこちらのスリッパは、履きゴコチが好きなこともあって、私的にはコスパは良い方だと思います ☺︎

 

Green Cotton(グリーンコットン)

HP:Green Cotton

購入場所:アマリンプラザ内

※ 他にも店舗あり

最寄駅:BTSチットロム駅

Sponsored Link