うたかたの日々 ✖ バンコク スクンビットダイアリー

◆◆泡のように消えていく日々の記録◆◆バンコク&東京のいいな!を集めた日記ブログ #お散歩 #旅行 #グルメ #コスメ #インテリア #アート #Apple #家電&ガジェット #クラフトビール

VIVARIUM(ビバリウム), 鉄人によるタイ料理レストラン@バンコク

Sponsored Link

もうずっと前のこと。

 

タイ料理を食べに行きましょう、ということで連れて行ってもらった「VIVARIUM」

ラマ4通りにあるレストランです。

 

f:id:calamarie:20180310021502j:plain

 

ラマ4ってことで、屋台的なタイ料理をイメージしていましたが

見事に裏切られる店構え。こういうの、早く教えてほしい...

 

店内は、倉庫のような作り。

以前は工場だったのだそう。なるほどー。

インテリアもオシャレなのですが、お客さんもハイソな若者が多かった☆

f:id:calamarie:20180310022146j:plain

 

もったいないほど余裕のあるソファ席に通してもらいました。

ソファが大きすぎて、どう座ればよいのか落ち着かず。

 

絶品タイ料理

まずは大好きなトートマングン。えびのすり身揚げです。

このトートマングン、最高に好き!今のところ、私のトートマングンランク1位です。

何個でも食べられるような、エビのやさしいぶりぶり感。

f:id:calamarie:20180310022149j:plain

 

 

 

コムヤーン。

柔らかく、バランス良いしっとり感。

このコムヤーン、最高に好き!今のところ、私のコムヤーンランク1位です。

 

あれ?もしかして、こちらのお店、相当美味しいのでは??

後から知ったのですが、タイの鉄人のお店とのこと。

f:id:calamarie:20180310022151j:plain

 

 

下の写真の表紙にもあるように、和のテイストがフュージョンされたメニューも有りました。

タイ&日本料理のフュージョンレストランになるのかな。

 

和のメニューはかなりの高価格帯でびっくり。

驚きすぎて値段忘れましたが、タラバガニだの何だの、そういった食材です。

f:id:calamarie:20180310022153j:plain

 

 

出てくるプレートがドンピシャで好みだったので、来る度に感動の連続...このメニューが来るまでは。

f:id:calamarie:20180310022751j:plain

 

海鮮の和え物的サラダ。

ヤンウンセンの春雨がないバージョン。

この辛さが尋常でなく、一口で危険を感じるレベル(大ゲサじゃない...)。

その一口を食べるのも、ツラかった!

飲み物でも辛さが収まらず、これはもう打ち止めだねということでスゴスゴと退店。

こうなっちゃうと、辛くないものを食べても辛さが残ってしまって、味覚がマヒ状態なんですよね(>_<)

他のお料理、もっと味わいたかったな...

次回来る時は、辛くしないでもらおっと(ΦωΦ)

 

 

VIVARIUM - CHEFS MINISTRY- ラマ4店

☆サイアム・パラゴンにもあります。

FB:https://www.facebook.com/vivariumbychef/

 

Sponsored Link