タイ🇹🇭バンコク スクンビットダイアリー

𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ TRAVELIVING BLOG いつかのタイ・バンコク暮らし

【バンコクのアイケア】タンパク除去剤配合のコンタクトケアアイテム「OPTI-FREE Aldox」

私がバンコク生活で使っているコンタクトレンズはソフトの方。

ざっと調べた限りですが、バンコクで入手できるコンタクトレンズの価格帯はそれほど安くないのかなーという感じ。

よって、レンズはたくさん日本から準備してきました。少なくても3年分は大丈夫!

視力が変わらない限り...。

 

レンズは良いとして、問題なのがコンタクトケアの類。

日本からタンパク除去剤入りの保存兼洗浄液をたくさん持ってきたのですが、とうとうタイ生活2年目に使い果たしてしまいました。

使っていたのはボシュロムのこういったタイプ。

 

 

ストックがなくなって遅ればせながら現地調達!

まずは、バンコクにあるイギリス系のドラッグストア・BOOTSへ行ってみました。

店員さんに聞いてみると、あっさり見つかりました。

 

それがアルコンの「OPTI-FREE  ALDOX」。

f:id:calamarie:20171107162835j:plain

 

こすり洗い不要のタイプで、使う度にケースにこの液体を入れて保存します。

数回使ってみたところ特に問題なかったため、当面これを使用中。

 

価格は、日本でのセールのほうがちょっと安いかなーと言う程度の差でした。

一時帰国の際にたくさん買ってこようと思っていたけれど、何本も買うとそこそこ重いですね。今後はバンコクで調達して済ませようと思います。

 

失敗談

私は、コンタクトを外すと知人の顔もわからないくらい目が悪いです。身近にあるものでもぼんやり映っている始末。

で、一度このタンパク除去入り保存液を通常の洗浄液(目に入っても大丈夫な液体)と間違えたことが有りました。

リニューアル前はフタが真っ赤で目が悪くても判断できたのですが、リニューアル後は一見フツウの保存液と同じルックス。

 

これで洗ったレンズを目に入れた途端、焼けるような痛みでした!

とにかく瞳を洗って洗って、ナミダもポロポロ...。

なんとか病院へ行かずに落ち着いたけれど、とにかく辛かった!

その時は一人だったし、そもそも目が開けられないのでどっちみち病院には行けなかったけれど。

 

同じ製品を使われる方で、極度に目が悪い方は、お気をつけ下さい(ΦωΦ)

 

そういえば、目に痛みが走った瞬間、唐辛子をいじった手で目を触っちゃったかなーと思ったのは、タイあるあるでしょうか。

 

 

2018年2月追記

その後、また「ALDOX」を購入しました。

今回は、通常サイズ2本&ミニサイズというお得パック。

BOOTSで369バーツでした。

日本円で、約1260円です。

f:id:calamarie:20180323065922j:plain

 

 

Sponsored Link