うたかたの日々 ✖ バンコク🇹🇭スクンビットダイアリー

泡のように消えていく日々の記録◆◆東京暮らし&バンコク生活で見つけたいいな!を集めた日記ブログ◆◆ #旅行 #お散歩 #グルメ #コスメ#アロマ #ハーブ🌿 #インテリア #雑貨 #アート #チョコレート #Apple #家電&ガジェット #映画 #音楽 #本 #お茶 #クラフトビール ʕ•ᴥ•ʔ記事のアップにはタイムラグがあります📅

タイ「ラノーン」への行き方(飛行機の場合):バンコク→ラノーン空港→ホテル

Sponsored Link

タイ南部の県「ラノーン」への旅行日記。

◆ 温泉の町・ラノーンへの行き方

バンコク・ドンムアン空港からラノーン空港へ

バンコクの自宅からドンムアン空港へ向かいました。ドンムアン空港からラノーン空港へは、「ノックエア」と「エアアジア」が出航しています。

今回乗ったのは、初めての「ノックエア」。ちなみに「ノック」はタイ語で「鳥」だそうです。

f:id:calamarie:20190226150150j:plain

スーツケースを預入荷物でお願いしました。何キロで予約したんだっけ...。

ともかく規定をオーバーすることなく、セーフ。念のため体重計で測りながらパッキングしたのですが、結構正確だった!

普段の旅行では荷物が多いので、LCCの時はちょっと緊張します。

f:id:calamarie:20190226150153j:plain

搭乗時刻になり、みんなでぞろぞろ。そして、ノックエアは「プロペラ機」でした。

妙にドキドキします。

f:id:calamarie:20190226150214j:plain

フライトは約1時間

ドンムアン空港からラノーン空港までは、1時間少々だったかな。飛び立ってから到着するまで、すべての工程がきちんきちんと時間通りでびっくり!

機内も予想していたよりもスペースがあって、快適でした。ノックエア、一度で好きになっちゃった✈︎

緑豊かなラノーン

機体がラノーンに近づいた頃、窓から陸の風景を見下ろしてみました。そこにはおだやかな緑が広がっていて、さっそく癒された🌳

ラノーン空港から宿泊先ホテルへ

無事にラノーン空港に到着。タラップを降りると、空気がきれい!青くて広い空がお出迎えしてくれました。爽快!の一言に尽きる空間です。

f:id:calamarie:20190226152156j:plain

このレーンから預入荷物が出てきます。レーンは一つなので、わかりやすい。

f:id:calamarie:20190226152135j:plain

ラノーン空港は、思ったよりこじんまりした空港でした。ここからホテルへ向かいます。周りにいるのは、ほとんど欧米人ばかり。みんなパヤム島に行くのかなあ。

f:id:calamarie:20190226152140j:plain

ホテルの送迎は依頼しなかったので、空港から自力で向かいます。

200バーツのタクシー(バン)

空港内のカウンターによると、タクシー(バン)は200バーツとのこと。きっと運転手さんの勧誘がすごいのでは...と思っていたら、全くそんなことはありませんでした。逆にちょっと焦る...。一台既に出てしまったようで、残る選択肢はロータリーに一台止まっているソンテウ。

f:id:calamarie:20190226152142j:plain

50バーツのソンテウでホテルまで

早速ソンテウに乗り込んだものの、どうもこれは港にいく便らしい??と気がつき、あわてて下車しました。港で降りてもいいのだけど、スーツケースがあるからそのあと困っちゃうんですよね。
空港内に戻ってカウンターで聞くと、もうタクシーは出ないんだそう。...え (゚Д゚)。

しょうがないからホテルへお迎えを頼もうか、と肩の力を落としていると、発車しかけたソンテウのお客さんたちが「まだ乗れるから行こうー」みたいに遠くから呼びかけてくれました。や、優しい!

運転手さんとお話しし、結局港に立ち寄った後に私たちのホテルへ行ってくれることになりました。なんてありがたい(˃̵ᴗ˂̵)

f:id:calamarie:20190226152144j:plain

上の写真は、途中に寄った港の停留所。ほとんどの人はここで降りて、パヤム島へ行きました。

この後、ところどころで地元の方も乗り降りしていました。ソンテウが活躍している町のようです。私たちも無事にホテルに到着し、ソンテウは去って行きました。

f:id:calamarie:20190226152149j:plain

つづく。

Sponsored Link