バンコク スクンビットダイアリー

◆◆  バンコクのいいな!を集めた日記ブログ  ◆◆ お散歩で見つけたお気に入りのワンシーン、美味しいもの, お出かけ, そしてアロマや自然派グッズのあれこれʕ•ᴥ•ʔ

タイのスパブランド・ハーン【HARNN】とターン【THANN】の違うとこ

Sponsored Link

ハーンとターンをよく間違える、という記事を以前書きました。

  ターンとハーンの覚え方

 

当時は2つのスパブランドの自己流の覚え方を挙げてみたけれど、そういえば客観的な違いってどういうところかなあʕʔ

 

ハーン【HARNN】とターン【THANN】との違い by marie

もともとは同じブランドだったことも有り、正直2つの間の共通項を探すほうがとっても簡単。

商品ごとに様々なシリーズがあるのは、この2つに限らずどのブランドでも同じスタイルだし...

個人的に主な違いを挙げるなら、派生ブランドが異なっているところだと思います。

 

ハーン【HARNN】←イメージは紫

まず、ハーン【HARNN】。

ハーンが展開している商品は、スキンケア・ボディ&ハンドケア・ヘアヘア・ホームスパ(スクラブとか) ・アロマセラピー・香水のジャンル。

ボディシャンプー&ローションなどは、モスグリーンや紫色系統の、ちょっと重みのある色のゴージャスなボトルが印象的です。

イメージは紫!なのですが、新しいシリーズは「ザ・ホワイト」という感じ。

 

そして、【Vuudh】としてホームフレグランス部門の柱が有ります。

オリエンタルな柄が楽しいアロマチャームや、真っ白な容器が特徴のアロマキャンドル、インゴット、ディフューザー、香水ボトルみたいなインテリアフレグランススプレーなど、シンプルビューティ✨なデザインが多い気がします。

 

それから、お茶関連は【TICHAA】。

ベールフルーツやマルベリーなど、タイの特産物を使ったお茶シリーズがいろいろと。

TISANE&TISANEエッセンシャルオイルという謎めいたアイテムも有ります。

私が大好きなのが、この【TICHAA】の茶器の数々。

いつか揃えるのが夢!だったティーカップは、残念ながらもう廃盤になってしまったのですが、新しいデザインもやっぱりステキ( ´∀`)

ポットは、アリスのティーパーティに出てくるような曲線のあるデザイン。

詳細は、いつか【TICHAA】の特集をしたときに☕✨

f:id:calamarie:20170818160920j:plain

 

そしてアパレル部門として【JARITT BY HARNN】 。

リゾートで活躍しそうなパンツやサマードレスがありました。

 

ターン【THANN】←イメージは赤

一方、ターン【THANN】。

こちらは、「ターン」1本柱の中でシリーズを展開させている印象。

フェイス&リップケア・ヘアケア・バス&ボディケア・ハンドケア・アロマセラピーのジャンル。

中でもアロマティックウッドのコレクションは香りも働きも秀逸!

タイにはたくさんの自然派のヘアケアがありますが、自分の髪質に合っているのか、ターンのアロマティックウッドのシャンプーは頼りにできるアイテムです( ´∀`)

 

そしてターンで有名なのが、スパの【THANN SANCTUARY】でしょうか。

バンコクにいる間に体験してみたい( ´∀`)

 

ホテル&エアアメニティでは、ターンの方をよく目にします。

トラベルキットも種類が多いような。

 タイ航空のアメニティ、ターン

 

f:id:calamarie:20170818160922j:plain

 

感想

以上、自分目線での相違点をピックアップしてみると、両者は派生ブランドが違う、という結論に落ち着きました。

 

ハーン【HARNN】

・HARNN

Vuudh by HARNN

TICHAA by HARNN

JARITT by HARNN

 

ターン【THANN】

・THANN

THANN SANCTUARY

 

どちらも好きなブランドなので、改めて違いを探してみるのは楽しいな( ´∀`)

 

本来は...

・ハーンの特徴

・ターンの特徴

上記をまずまとめてみて、それから相違点を洗い出せばもっと出て来るかもしれません。

順序は逆になるけれど、2つのブランドの特徴もアップしていきたいです。

いつかな...ʕʔ

 

他にもステキなタイのアロマブランドが有ります

 タイに来てから知った、マウントサポラ【Mt.Sapola】。

濁りのないスッとしたいい香りで、大好きなアロマブランドの一つです。

sukhumvitdiary.hatenablog.com

 

Sponsored Link