𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ ᴛʀᴀᴠᴇʟɪᴠɪɴɢ ʙʟᴏɢ

𝕋ℝ𝔸𝕍𝔼𝕃𝕀𝕍𝕀ℕ𝔾✈︎旅するように暮らしたい - 東京&バンコク暮らしの写真メモ -  #旅行 #ろじねこ #バンコクソイ散歩 #グルメ #コスメ , etc. ◆ブログ「バンコクスクンビットダイアリー」と「うたかたの日々」を統合中ʕ•ᴥ•ʔ

プーケットのアグリコールラム「CHALONG BAY」をバンコクで【モヒートのレシピ有】

Sponsored Link

蒸留酒の中でも、ラムが大好き🥃

好きになったきっかけは、子供の頃に読んだシャーロック・ホームズ。このシリーズの中で度々登場するラムは、とにかく強いお酒。船乗りや海賊が飲むお酒っていうプロフィールがどうにも魅力的に思えたんです。

ということでカリブ海のイメージがあるラムですが、今回はタイの素晴らしいラム「CHALONG BAY」のこと。

◆ CHALONG BAY

f:id:calamarie:20190312012820j:plain


サトウキビの絞り汁から作られるアグリコールラム

製造工程で糖蜜(モラセス)を使用するインダストリアル製法がほとんどというラム酒ですが、「CHALONG BAY」はサトウキビの絞り汁を原料とするアグリコール製法。聞いたところによると、このスタイルをとっている醸造場はわずか3%ほどだとか。

f:id:calamarie:20190312012228j:plain

ラムならなんでもいいやって思って飲んでいた私ですが、タイに来てからは「CHALONG BAY」一筋!

ストレートで香りをかぐと、漂ってくるのはふわーっとした自然の甘さ。これで飲むモヒートが、とにかく最高🌿

f:id:calamarie:20190312012214j:plain

プーケットの醸造所

「CHALONG BAY」が作られているのは、タイのプーケット。フランス人のオーナーさんの醸造場だそうです。

https://www.chalongbayrum.com/en/home#/visit-our-distillery

以前プーケット旅行に行きましたが、残念ながら醸造所は回れず。その代わり、「CHALONG BAY」ベースのカクテルをしっかり堪能してきました!

バンコクで散々飲んでいるとはいえ、プーケットの空気を感じながら飲むとまた格別に思える不思議。

高品質で良心的な価格

私が飲み始めたのが2015年頃。当時の価格は覚えていないけれど、先日(2019年2月)は680THBほどで購入しました。日本円で約2300円くらい。大事に作られたラムにしては、かなり良心的なプライスです。

✴︎店舗によって若干の価格差があります。

バンコクでも、スーパーマーケットで「CHALONG BAY」が手に入ります。

f:id:calamarie:20190312012819j:plain

✴︎タイではアルコールの販売時間に制限があります。

CHALONG BAYで作るモヒート:レシピ

公式サイトには、バラエティに富んだカクテルのレシピが公開されています。私が好きなのは、この2種類。ちょっとアレンジして楽しんでいます。

CHALONG BAY MOJITO

「CHALONG BAY」で作るタイらしいカクテルといえば、やっぱりモヒート!タイでは、フレッシュなミントとジューシーなライムが1年中手に入ります。ここに「CHALONG BAY」が加わって、最強のカクテルが出来上がるのです( ´艸`)

レシピ:Chalong Bay Rum

LEMONGLASS MOJITO

タイを代表するハーブの一つ、レモングラス。消化促進、疲労回復など体に良いハーブでもあります。

このレモングラスを用いたモヒートです。シトラスの香りもさっぱりとしていて、これもタイらしい一杯!

レシピ:Lemonglass Mojito

 

オリジナルカクテルも、今度作ってみようかな☺︎

Sponsored Link