𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ ᴛʀᴀᴠᴇʟɪᴠɪɴɢ ʙʟᴏɢ

旅するように暮らしたい, 暮らすように旅したい ◆バンコク暮らしのブログは「スクンビットダイアリー」、東京生活&旅のブログは「うたかたの日々」です。PCの場合はグローバルメニューからどうぞ!スマホだと右上にブログの選択肢があります。細かいカテゴリーはサイドメニューへʕ•ᴥ•ʔ

コットン100%!タイのチェックの布「パーカオマー」がかわいい@バンコク

Sponsored Link

タイの布、「パーカオマー」。

OTOPのお土産物屋さんや雑貨屋さんでよく見かける、チェックのあの布です。

渋谷のヒカリエでファッションショーが行われたこともあるみたい。

タイ:パーカオマーの成功(前) | インドシナニュース | アパレル・リソース・イン・インドシナ | 東南アジアのアパレル生産情報

チェック柄のファッション小物は滅多に買わないのだけど、タイのパーカオマーはなぜか惹かれるところがあります。ちょっと粗目のコットン生地。この感触が好きです。

先日、赤・青・白というタイらしい柄を見つけました。f:id:calamarie:20190128173900j:plain

パーカオマーの使いみち

そもそもは腰巻きとして使われていたようですが、ファッション小物としてはあまり現実的でないかな...。レトロなお土産物屋さんで、マネキンの腰に巻いてあったりするやつ。

この布は、日本に帰ってからピクニックするときに使いたい♪ または、自宅でランチするときにテーブルクロスにするか。サイズが80×200cmなので、テーブルランナーのほうが向いているかもしれません。自宅の食洗機がビルトインではなく外置きタイプなので、そこにふわっと被せておくのも良さそう。

布の用途を考えるの、とっても楽しい♪

購入場所

パーカオマーを探すのは、それほど難しくないように思います。デパートのお土産物コーナーなど、どこかに必ずありそう。王様プロジェクトのお店や、レモンファームでも見たような。

私は、非常にローカル色が強いスーパーマーケットで購入しました。多分OTOP(タイの一村一品運動)製品で、一巻100バーツ位。日本円で340円位です。

スーパーの後でオシャレ雑貨を扱うお店を覗いたら、価格もおしゃれでびっくり。ローカルスーパー、穴場です☺︎

sukhumvitdiary.hatenablog.com

Sponsored Link