タイ🇹🇭バンコク スクンビットダイアリー

𝕞𝕒𝕣𝕚𝕖-𝕘𝕠-𝕣𝕠𝕦𝕟𝕕 ✈︎ TRAVELIVING BLOG いつかのタイ・バンコク暮らし

【タイの水道水対策】シャワーヘッドを軟水&浄水タイプに交換!

水道水の水質は硬水と言われているタイ。

 

硬水の国といえば、フランスや中国(北京)などが有名どころでしょうか。

タイの場合は硬水であるだけでなく、インフラやら何やらの問題で不純物も混在した水道水になっているそうです。

 

硬水 + 不純物が混じった水道水 = こ  ま  る! 

 

飲料水の調達はそれほど難しくないと思います。そもそも、飲んでも大丈夫と言われているけれど日本でも水道水を飲むことはなかったですし。

ともかく水道水自体に問題があるとなると、非常に困るんですヽ(`Д´)ノ

 

 

それは、お風呂(シャワー)問題。

 

硬水の問題点として、髪の毛がゴワゴワギシギシになるんですよ...(@Д@)

お肌が弱い人は、かなり荒れてしまうとも聞きます。

これは由々しき事態。

 

機能性シャワーヘッドに交換

私がタイに住み始めて真っ先にした事が、水回りの整備でした。

シャワーヘッドの交換もその一つ。

当時候補にあがったのが、ionac(イオナック)です。軟水シャワーヘッドは数多くありますが、海外発送に対応してくれるのがこちらだったんですよー。

 

 

レビューを見ると、他のメーカーのシャワーヘッドより海外居住者の感想が多くて参考になりました。

シャワーヘッドとレフィル(交換フィルター)があれば怖いもの無し!ってことで解決👌

 

私の場合は現地でメーカーを即決しましたが、タイでの生活が始まる前に時間的余裕があれば、日本でいろいろな製品を比較検討して決めるのが一番かなとは思います。

軟水化に加えて節水機能が備わっているタイプも多いので、より理想的なものが見つかる気がします。

 

 

 

 

湯船のお湯はどうする?

バスタブ用の軟水器も試したことがありますが、設置に場所を取ることと手間がかかるため断念。このイオナックのシャワーヘッド経由でバスタブにお湯を張って対応していました🛁

 

 

ちなみに私の夫は「軟水シャワー、無くても大丈夫みたい」といい、備え付けのシャワーをストレートにザブザブ使ってタイでの数年間を過ごしていました☺︎

Sponsored Link